アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 黒木メイサ、アンジーを手本にするも14歳役の自分に苦笑い

黒木メイサ、アンジーを手本にするも14歳役の自分に苦笑い

■その他の写真ニュースはこちら

 女優の黒木メイサが4日(木)、東京・六本木のテレビ朝日で行われた主演ドラマ『男装の麗人〜川島芳子の生涯〜』(同局系)の記者会見に出席。男装時の軍服姿と女装時のチャイナドレス姿を披露した黒木は、作品内で意識したという“女の魅力”のお手本として「大半はアンジェリーナ・ジョリーさん」と話すも、14歳役を演じた自分を「痛かった」と苦笑いで振り返った。

 辛亥革命で滅亡した清朝の王女で、清朝復辟のために美貌の女スパイとして日中の戦時下に名を馳せた実在の人物・川島芳子の生涯を描いた同作。軍服姿で馬にまたがって登場した黒木は「都会を馬で歩いたことなかったので緊張したけど、凄く気持ちいい」と凛々しい笑み。場所を移した会見では一転、太ももチラリのチャイナドレスをまとって社交ダンスを披露した。

 30代後半の川島を真矢みきが演じ、14歳から30代前半の川島を演じる黒木は「さすがに14歳(の役)は痛かった」と苦笑い。チャイナドレスの着心地に「軍服の時に足を開いてたので、チャイナドレスでも開きそうになったけど、もう慣れました」。報道陣から「もし男装がバレなかったら何をする?」と質問されると「体は変えられないか…。でも、変えられるのなら、上半身裸でビーチに出たい」と密かな願望を打ち明け、笑いを誘っていた。

 村松友視原作のドラマ『男装の麗人〜川島芳子の生涯〜』は、12月6日(土)後9時より放送。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 主演ドラマ『男装の麗人〜川島芳子の生涯〜』の会見に出席した黒木メイサ 
  • 主演ドラマ『男装の麗人〜川島芳子の生涯〜』の会見に出席した黒木メイサ 
  • 軍服姿に身を包んだ黒木メイサ 
  • 主演ドラマ『男装の麗人〜川島芳子の生涯〜』の会見に出席した黒木メイサ 

オリコントピックス