寺門ジモンが“ネイチャージモン”として歌手デビュー

■その他の写真はこちら

 お笑いダチョウ倶楽部寺門ジモンが“ネイチャージモン”として2009年1月28日(水)にシングル「ナイスネイチャー」でエイベックスから着うたフル、音楽配信、映像配信で歌手としてデビューすることがわかった。作詞・作曲はジモン自ら手がけ、マニアックで知られるジモンならではの“ネイチャーワールド”を音で見事に表現している。

 ジモンは幼少の頃から兵庫県の山奥に住み、30年以上、独自のトレーニングを1日も休まず続けているという猛者。さらに、どんな場所においても、1番にその場から早く逃げる方法を常に考えるなど、異様なまでの危機回避能力に長けているという。また、グルメやブランド品への類まれなるこだわりもっていることでも知られており、そんな彼の偉業はバラエティー番組『やりすぎコージー』(テレビ東京系)でも数回にわたり特集され反響を呼んでいる。

 天然を超えた“ネイチャー”と評されるジモンが、音楽でどのような世界を見せてくれるのかファンならずとも注目だ。




オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索