アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 「赤坂のみんな、やったよ!!」TBS安住紳一郎が25年ぶり他局アナとして『いいとも!』生出演

「赤坂のみんな、やったよ!!」TBS安住紳一郎が25年ぶり他局アナとして『いいとも!』生出演

■その他の写真はこちら

 TBSの人気アナウンサー・安住紳一郎が25日(火)、フジテレビ系バラエティー『笑っていいとも!』の人気コーナー「テレフォンショッキング」に、テレビ局の垣根を越えてゲスト出演した。完全“アウェー”のアルタスタジオに登場した安住は「まさか、こんなことになるとは…」と、つぶやきながらも、タモリに深々とお辞儀をしながら登場した。

 前日24日のゲスト、SMAP・中居正広から紹介を受けた安住アナは、緊張した面持ちでスタジオに登場。観客からの大声援で迎えられた安住は「上層部からダメだと言われると思ったのですが、TBS上層部にも『いいとも!』を観て育った人が多く送り出してくれました」と出演の経緯を明かした。

 最近、年齢のせいか加齢臭が出てきたと語る安住に、タモリは自身の体臭を嗅ぐよう指示。タモリの胸元まで顔を寄せた安住は「甘い香りはしませんね……」と語り会場を沸かせた。

  コーナー最後の“100人中1人”では、自身のテレビ好きを例に挙げ「家に10台以上テレビがある人」とお題を出し、見事客席から1人を探し当てた安住。「赤坂のみんな、やったよー!!」と雄叫びを上げながら喜びをあらわにしていた。

 なお、同番組に他局のアナウンサーが出演するのは83年4月に当時、日本テレビに所属していた小林完吾、徳光和夫両アナが出演して以来25年ぶりとなった。





オリコントピックス