アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『容疑者Xの献身』4週連続首位! 動員200万人、興収30億円突破

『容疑者Xの献身』4週連続首位! 動員200万人、興収30億円突破

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 新作4作品がランクインしTOP10のタイトルががらりと変わった今週の映画興行ランキング(興行通信社調べ)だが、『ホームレス中学生』『ICHI』などの強力作品を抑えて『容疑者Xの献身』が4週連続で首位を守った。22日(水)までに累計動員200万人を突破、26日(日)には遂に興収30億円を突破した。

 お笑い芸人、麒麟・田村裕が自身の半生を綴ったベストセラー小説の映画化作品『ホームレス中学生』は3位にランクイン。全国309スクリーンで公開され動員9万人、興収1億1507万円をあげた。客層は約8割が女性で、主演の小池徹平ファンの若い女性を中心に中高年まで幅広い層を集客。観客の満足度が高く、この先の口コミでの広がりが期待できる。

 6位は、綾瀬はるかが女性版座頭市に扮する『ICHI』。これまで故・勝新太郎さんや北野武が演じてきた『座頭市』を、孤独に生きる盲目のヒロインに設定を変えて描く。共演は大沢たかお中村獅童窪塚洋介ら。

 7位には『センター・オブ・ジ・アース』がランクイン。冒険SF小説家ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』を全編フル3Dで実写映画化した。立体デジタル撮影装置を駆使した最新鋭の技術で、目の前に広がる色鮮やかな地底160kmの世界が描き出される。主演は『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイザー。日本語吹替版では、沢村一樹矢口真里、入江甚儀が声優を務める。





オリコントピックス