ドラマ&映画 カテゴリ

しょこたんがドラマ原作に初挑戦! “セーラー服おじさん”が世界を救う

■その他の写真ニュースはこちら

 テレビ朝日系のオムニバスドラマ『ツジツマ』の中で、タレントの中川翔子が初のドラマ原作を手掛けた作品がドラマ化されることになり、登場する主人公のキャラクターが初公開された。オムニバスの1本として中川が手掛けた『魔法の天使 後藤幸男』に登場する、セーラー服を着たおじさんが世界を救うという斬新なキャラクターで、ごく普通の地味なおじさんが、ある日魔法のステッキとセーラー服を手に入れ、世界の平和のために戦うという、しょこたんらしいファンタジー作品だ。

 同番組は課せられたお題を元にオリジナルのストーリーを作成。完成した暁には実際にドラマとして放送されるという斬新な企画。常々、魔法使いが活躍する物語を描きたいと思っていたという中川は、すぐに今回の設定を思いついた。ただの可愛らしい少女が活躍するだけでは面白くないと思い立ち“セーラー服のおじさん”という主人公を考え出したという。

 中川考案の“セーラー服おじさん”に抜擢されたのは、劇団・大人計画所属の正名僕蔵(まさな ぼくぞう)。『踊る大捜査線』(フジテレビ系)シリーズや映画『HERO』などにも出演し、独特の存在感が魅力の個性派俳優だ。キッチリとした7:3ヘアに黒ぶちメガネという正名が、セーラー服を着用し可愛らしいステッキを振り回し、ラブリーな魔法の呪文を唱える。正義の味方になりきった正名の怪演は、ファンならずとも“怖いもの観たさ”として興味をそそられるはずだ。



  • テレビ朝日系新ドラマ『ツジツマ』公式ホームページ




  • 今月の写真ニュース一覧をみる

    【写真】その他の写真を見る


    関連写真

    • しょこたんが考え出したセーラー服おじさん 
    • しょこたん直筆のキャラクターデッサン画 
    • しょこたん直筆のキャラクターデッサン画 
    • しょこたん直筆のキャラクターデッサン画 
    • しょこたんが考え出したセーラー服おじさん 
    タグ

    オリコントピックス

    メニューを閉じる

     を検索