アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ナニワで人気の“楽屋ニュース”に初の兄弟番組が誕生

ナニワで人気の“楽屋ニュース”に初の兄弟番組が誕生

■その他の写真はこちら

 関西で人気の“楽屋ウラ話”番組に兄弟番組が遂に誕生した。大阪・ABCテレビで今月5日(金)に放送される『よしもとNEXT』(深夜1時29分〜 ※関西ローカル)内で、史上初となる『楽屋ニュースJr』が放送されることが1日(月)、わかった。1986年から14年間放送された、同局の人気番組『八方の楽屋ニュース』の若手バージョンで、笑い飯・哲夫が司会を務めキワどい芸人の裏ネタが飛び交う。

 落語家・月亭八方が司会を務めた“本家”では、フリップに書かれた2本程度のタイトルから毎回、八方自身が裏ネタを暴露。ネットやブログなどが普及していないこともあり、長期間にわたって同局の人気番組として親しまれた。

 番組はその後、一旦幕を下ろし2004年に今田耕司を迎えて『八方・今田の楽屋ニュース』として年末にオールナイトで生放送を実施。そのネタの過激さや細かさで業界内外問わず注目を集めている。

 今回は、顧問に吉本新喜劇の最年少座長・小籔千豊を迎え、NON STYLE中山功太、天津、ギャロップ、とろサーモン、ダイアンなど若手芸人20名で爆笑トークを展開。テーマも芸人のギャラ、恋愛、珍営業など。20代後半ながら“ハゲキャラ”で人気のギャロップ・林健はメッセンジャー・黒田有のお金にまつわる恐怖の裏話を告白。また、千鳥のノブは笑い飯・西田幸治の女性を落とす意味不明な殺し文句などを明かすという。

今月の写真ニュース一覧をみる


関連写真

  • 若手芸人20名で爆笑トークを展開 
  •  
タグ

オリコントピックス