アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『20世紀少年』が遂に公開、続編にYMO・高橋幸宏の出演が決定

『20世紀少年』が遂に公開、続編にYMO・高橋幸宏の出演が決定

■その他の写真はこちら

 総勢300人の超豪華キャスト陣や60億円という総製作費、3部作としての公開など、5月の製作発表からハリウッド大作に匹敵する破格のスケールが話題を呼んでいた『20世紀少年』が30日(土)、いよいよ公開初日を迎えた。この日、配給元の東宝は、本作の第3章で、YMOの高橋幸宏が、主人公ケンヂの昔のバンド仲間役で出演することを明かした。

 ついに全国310スクリーンで公開がスタートした同作だが、韓国では9月11日(月)より300スクリーン規模の公開を迎えることも発表された。これは、韓国国内の映画館の約15%にあたり、日本の実写映画では史上最大のスクリーン数となる。これまでの韓国での最大は240スクリーン程度で、日本映画の興行記録は『ラブレター』(1995年)の動員約100万人。韓国でも絶大な人気を誇る浦沢直樹の原作による同作が、新記録を樹立することが期待される。

 またこの日、都内の劇場で行われた初日舞台挨拶には、堤幸彦監督のほか、メインキャストの唐沢寿明豊川悦司常盤貴子香川照之堤幸彦宇梶剛士、佐々木蔵之助が登壇。唐沢は「豊川さんに変なことをいうとぶん殴ると言われたので(笑)」と、いつものジョークは少し控えめ。登壇者はそれぞれ、満席の会場の盛大な拍手に応え、感謝の言葉を述べた。

 なお、本作の第3章では、大規模な野外コンサートシーンがあり、その撮影を9月20日、21日に千葉で予定。現在、オフィシャルサイトでエキストラを募集している。



今月の写真ニュース一覧をみる


関連写真

  • 左から豊川悦司、唐沢寿明、常盤貴子 
  • マスクを被ったファンと共に記念撮影 

オリコントピックス