平成と昭和のウルトラ8兄弟が初共演

■その他の写真はこちら

 平成の4大ウルトラマンと昭和の4大ウルトラマンが、時代と次元を超えて初共演! 映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の製作発表会見が22日(火)に都内で行われ、主演の長野博V6=ティガ)をはじめ、つるの剛士(ダイナ)、吉岡毅志(ガイア)、五十嵐隼士(メビウス)、黒部進(ウルトラマン)、森次晃嗣(セブン)、団時朗(ジャック=帰ってきたウルトラマン)、高峰圭二(A)ら歴代隊員とウルトラ兄弟が一堂に会した。

 『ウルトラマン』がテレビの人気ヒーローで、ヒーローであるはずのダイゴ、アスカ、我夢が普通の青年という世界で起こる、怪獣たちとウルトラ8兄弟の戦いを描く。今回の主役・ウルトラマンティガに変身するマドカダイゴ役の長野は「僕が生まれる前から演じていた方たちとの共演は嬉しくもあり楽しくもあります。みんなで昼ごはんを一緒に食べたときは夢のようでした」と目を輝かせながら挨拶。

 ウルトラセブンことモロボシ・ダン役の森次は「モロボシを80、90歳までやっていきたい」と熱い想いは健在で、ウルトラマンのハヤタ・シン役の黒部は「役者生活のウルトラマンは、この作品で締めると思う」と自身にとって今作が、最後のウルトラマンになったことを話した。

 そんな大先輩と共に撮影を行ったつるのは、通りがかりの人たちから「みなさん『ウルトラマン』って呼ばれてたのに、僕だけ『ヘキサゴン』って怪獣のように呼ばれてた」と切なげな表情を浮かべ、「僕もウルトラマンだったってことを(今作出演で)証明できて良かった」とこの日もマイペースに話していた。

 ウルトラマンティガも「みなさんの心に永遠に残るメッセージを伝えたい」と意気込んで作られた映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』は9月13日(土)公開。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
V6の着信メロディはこちら


つるの剛士参加ユニット・羞恥心の着うた(R)/着うたフル(R) / 着信メロディはこちら


ウルトラマン関連の着信メロディはこちら



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • (写真左より平成のウルトラマン)メビウス、ガイア、ダイナ、ティガ、(昭和の)ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンA(エース) 
  • アスカシン=つるの剛士 
  • ガイア=高山我夢=吉岡毅志 
  • メビウス=ヒビノミライ=五十嵐隼士 
  • ウルトラマン=ハヤタ・シン=黒部進 
  • ウルトラセブン=モロボシ・ダン=森次晃嗣 
  • ウルトラマンジャック=郷秀樹=団時朗 
  • ウルトラマンA=北斗星司=高峰圭二 
  • ウルトラマン 
  • ウルトラマンティガ 

オリコントピックス