ドラマ&映画 カテゴリ

“傷だらけの”柴咲がチャイナ服姿を披露

■その他の写真はこちら

 俳優の柴咲コウ仲村トオル江口洋介、お笑いタレントの岡村隆史らが27日(木)、東京・六本木ヒルズで行われた映画『少林少女』の完成披露セレモニーと完成披露試写会に出席。スタント無しで本格カンフーアクションに挑戦した主演の柴咲は、妖艶なチャイナ服姿で登場するや「両腕が腱鞘炎になったり、足を打撲したりと怪我もありましたが、徐々に体が覚醒しました」と、文字通りの体当たりで役に挑んだことを明かし、共演者も柴咲の“プロ根性”に賞賛の声を送った。

 今作は柴咲演じる少林寺拳法の達人・凛が、ラクロスを通じて少林寺を日本に広めようと奮闘する本格アクション作品。約1年にわたりアクションの訓練を受け、今作に臨んだという柴咲は「自分を(主演に)選んでくれたからには出来る限り、自分で頑張ろうと思いました」と、ほぼスタント無しで撮影に臨むことを決意。「凄く面白くて笑顔になれる映画なんですけど、仕上がりを観て4、5回泣けるシーンがありました」と感慨深げに振り返った。

 そして、柴咲のライバルを演じる仲村トオルも「女性のアクションとは思えないジェットコースターのような演技」と彼女の演技を大絶賛。また、「私事ですが、先日「顔チェキ」をやったら、僕の顔は65パーセントで福山雅治くん似だそうです。この作品には『ガリレオ』的な要素も含まれ、さらに江口くんの・・・“あんちゃん”と言えば『ひとつ屋根の下』的な要素も含まれるのです」と力説し、会場を笑いに包んだ。

 また、劇中で柴咲とド派手なカンフー対決を披露する岡村は「撮影中にふざけてたら、柴咲さんに真顔で怒られました。あの目は怖かった…」と撮影秘話を明かし、さらに「この作品の“スピンオフ”狙ってます。『少林少女』があるなら『少林小っさいオッサン』もあってもいいと思います。皆さん、是非HPなどに書き込んで炎上させちゃって下さい」と、次回主演作に向けてのアジテーションを展開し、笑いを誘った。

 最後にマイクを取った柴咲が、「私自身は(主役の)凛ちゃんとは違って、暗いし偏屈だし、唯一似ているのは場の空気が読めないところくらいなんですけど、凛ちゃんからパワーを貰ったからこそ乗り切ることが出来ました。みんなの愛が詰まった作品です」と笑顔で語ると、会場からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。  

 なお、会場には共演のキティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・チーチョンらも登場した。映画『少林少女』は4月26日(土)より全国公開。



■ヒット曲満載&好評配信中!!
柴咲コウの着信メロディはこちら

■著名人がお気に入りの作品をレコメンド『映画・DVDナビ』はこちら
■最新映画予告編はこちら

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『少林少女』の完成披露セレモニーに出席した柴咲コウ 
  • 妖艶なチャイナ服姿を披露した柴咲コウ 
  • 柴咲にマジギレされた岡村隆史 
  • 映画『少林少女』の完成披露セレモニーに出席した仲村トオル 
  • 映画『少林少女』の完成披露セレモニーに出席した江口洋介 
  •  

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索