アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ついに夢の2ショット実現 たけし、松ちゃんに「映画作りを続けて」

ついに夢の2ショット実現 たけし、松ちゃんに「映画作りを続けて」

■その他の写真はこちら

 たけしと松ちゃん、遂に実現した2ショットに多くのフラッシュが浴びせられた。ビートたけしが審査委員長を務める『第17回東京スポーツ映画大賞』の授賞式が2日(日)に都内で行われ、同時開催の『第8回 ビートたけしのエンターテインメント賞』で話題賞を受賞した松本人志が出席、昨夏映画界を沸かせた監督の対面が実現した。『大日本人』で映画監督デビューを果たした松本に対し、“先輩”のたけしは「今後期待するのは、映画作りを続けた方がいいという事。周りが期待しているから、その通りにいくべきだと思う」とアドバイス。松本は「たけしさん、力強いお言葉をありがとうございます」と恐縮そうに語った。

 たけしの独断と偏見で決められる同賞。松本の作品について「お笑いが全部わかっている上で、それを全部ひっくり返している。だからクスクスという笑いがくる。新しい映画作りで引っ張るなら、今の方向でいいのかな」と称賛した。また『大日本人』に賛否両論の意見が出た事にも間接的に触れ、「(カンヌという)権威のある所で認められた。評論家の皆さんは評論以外は冷たいもの。いいものはいいので、頑張っていただきたい」と後押しした。

 松本は「東スポさんにはビックリする事が書かれて。他(スポーツ紙)が紅白の時に松本吉本解雇とか書いたりしている」と笑いを誘いつつ、エールを贈ったたけしに一礼する場面も。そのほか、授賞式閉会後の写真撮影時にも隣り合わせが実現し、小声で会話を交わしていた。会場には主演男優賞のオダギリジョー、主演女優賞の風吹ジュンらをはじめ、特別賞の姫井由美子参議院議員、日本芸能大賞のタカアンドトシ、ムーディ勝山といった他映画賞にはみられない顔ぶれが集った。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『第17回東京スポーツ映画大賞』でのビートたけしと松本人志 
  • 『第17回東京スポーツ映画大賞』でのビートたけし 
  • 『第17回東京スポーツ映画大賞』での松本人志 
  • 『第17回東京スポーツ映画大賞』授賞式での2人の様子 
  • 『第17回東京スポーツ映画大賞』の様子 

オリコントピックス