アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 船越英一郎、かわいい“大女優”を前に破顔一笑

船越英一郎、かわいい“大女優”を前に破顔一笑

■その他の写真はこちら

 新潟中越地震発生時のエピソードを元に製作された映画『マリと子犬の物語』のプレミア試写会が19日(月)に都内で行われ、主演の船越英一郎らが登場。新潟県にゆかりのある人々や、多くの犬好きたちに埋めつくされた会場で、船越は「誰かのために頑張ろうとする(マリの)姿に、温かい涙を流すと思います」と作品をアピールした。

 会場に駆けつけたメス犬のマリを目の前に「大女優の面倒を見ないと大変なんです」とデレデレだった船越は「この映画はキャスト、スタッフ、プラス新潟の人と作り上げられたもの。シャワーのように“ありがとう”を浴びて、皆さんに感謝です」と挨拶。さらに「守るべきものがあれば、どこまでも強くなれる」とメッセージを送った。

 共演者の松本明子は「過酷な状況の中、マリが子犬を育てているのを見て、母性の素晴らしさを学びました」と感慨深く語っていた。同映画は12月8日(土)より公開。

■著名人がお気に入りの作品をレコメンド⇒『映画・DVDナビ』はこちら
■最新映画予告編はこちら



関連写真

  • 船越英一郎&マリ 
  • マリを囲んで左から松本明子、船越、佐々木麻緒、猪股隆一監督 

オリコントピックス