• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • スキマスイッチ、高校野球タイアップ曲史上初の首位獲得!!

スキマスイッチ、高校野球タイアップ曲史上初の首位獲得!!

 昨日行われた駒大苫小牧と早稲田実業による決勝戦は15回引き分けの大熱戦(瞬間最高視聴率は37.1%)、本日行われた再試合も早稲田実業が4-3の大接戦の末優勝と、最後の最後まで好試合が繰り広げられ、大きな盛り上がりを見せた今年の高校野球。今週のシングル首位は、2006 ABC夏の高校野球統一テーマ曲の「スフィアの羽根」を収録したスキマスイッチのニューシングル「ガラナ」が獲得した(初動売上4.1万枚/※「ガラナ」は速水もこみち、長澤まさみ主演の映画『ラフ』主題歌)。

 スキマスイッチは、これまでアルバムでの首位獲得(昨年7月発売の『空創クリップ』)はあるものの、シングルは今回が初めて。昨年4月発売の「全力少年」と今年3月発売の「ボクノート」で記録したこれまでのシングルにおける最高3位を更新し、2003年7月のメジャーデビュー以来、初となるシングル首位を果たした。

 また、高校野球のTVタイアップ曲による首位獲得も史上初。これまでタイアップ曲としては、スガシカオ「奇跡/夏陰」(最高位9位)、ZONE「glory colors 〜風のトビラ〜」(同7位)など、数多くの楽曲がランクインしてきたが、最高位は、2003年8月に発売のABC・EX『熱闘甲子園』エンディングテーマの森山直太朗「夏の終わり」の6位【下表参照】。これまでの最高位記録を塗り替え、史上初の首位獲得を果たした。

特集:スキマスイッチ『フルアルバムくらい充実したシングル!』(08月16日)
ウイークリーシングルランキング
最新のランキングニュース一覧へ
オリコン・ランキング一覧へ
1968〜2005年のオリコン全データ集 発売中!

オリコントピックス

 を検索