ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

岡山天音主演、映画『笑いのカイブツ』菅田将暉・松本穂香・仲野太賀ら胸熱のシーン満載本予告

 俳優の岡山天音が主演を務める映画『笑いのカイブツ』(2024年1月5日公開)の本予告が解禁となった。

映画『笑いのカイブツ』(2024年1月5日公開) (C)2023「笑いのカイブツ」製作委員会

映画『笑いのカイブツ』(2024年1月5日公開) (C)2023「笑いのカイブツ」製作委員会

写真ページを見る

 コンテンツ配信サイト「cakes」で連載され、書籍化された“伝説のハガキ職人”ツチヤタカユキの類まれな半生を描いた同名私小説を、井筒和幸中島哲也廣木隆一などのもとで助監督を務め、『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(19年)、『サワコ 〜それは、果てなき復讐』(22年)など、数多くのドラマの演出を手がけてきた滝本憲吾監督が映画化。

 15歳から6年もの間、一心不乱に大喜利番組に投稿し続けたツチヤは、念願かなってお笑い劇場の作家見習いになる。しかし、純粋に笑いだけを追求するだけでは生きていけない大人の社会に負けてしまう。その後、ラジオ番組への投稿が注目を集め“伝説のハガキ職人”となったツチヤは、尊敬する芸人から声をかけられ大阪から上京。必死に馴染もうとするが…。もがきながらも「笑い」に人生を捧げる不器用すぎるツチヤと、その熱量に突き動かされていく人たちの人間ドラマ。

 本予告は、アルバイト中にも関わらず、ネタ投稿をしている大喜利番組をイヤホンで聞き、人目もはばからずに大きなリアクションをとる“笑いに取り憑かれた”主人公・ツチヤ(岡山)の姿から幕を開ける。

 そんな笑いに猛進するツチヤを面白がるピンク(菅田将暉)、ツチヤの努力を素直に尊敬するミカコ(松本穂香)に加え、ネタを投稿していたラジオ番組からは「漫才を作りたいね、ツチヤと。一緒に漫才作りましょう!」と憧れの芸人・ベーコンズの西寺(仲野太賀)の言葉が聴こえ、必死で笑いに食らいついてきたツチヤの運命を変える人物たちが映し出されていく。

 大喜利投稿、ハガキ職人、構成作家…さまざまな経験を積んできたツチヤの才能と努力を認めた芸人・西寺のもとでラジオ番組の作家見習いとして働き始めるツチヤだったが、人間関係が不得意ゆえに、周りの先輩作家やスタッフから厳しい視線を浴びることに…。努力はできても器用になれず、「やるだけやって、燃え尽きたらそれまでじゃ。その先に何があんねん」と葛藤を抱え、心の叫びをあげるツチヤ。そんなツチヤに言葉をかけ続ける西寺の姿など、胸が熱くなるシーンが収められている。

 自身の価値観とは相いれない常識の中で、それでも自分の信じる笑いを貫くツチヤ。彼に寄り添う西寺、ピンク、ミカコ、おかん(片岡礼子)ら登場人物たちとの心揺さぶる展開に期待が高まる予告となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 岡山天音主演映画『笑いのカイブツ』に仲野太賀、菅田将暉、松本穂香ら集結
  2. 2. 岡山天音主演、映画『笑いのカイブツ』菅田将暉・松本穂香・仲野太賀ら胸熱のシーン満載本予告

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索