• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • 特撮
  • 『キングオージャー』新戦士・ジェラミーが5・14登場 池田匡志は『ドンブラザーズ』志田こはくと練習 異例のナレーションとして1話から参加
ORICON NEWS

『キングオージャー』新戦士・ジェラミーが5・14登場 池田匡志は『ドンブラザーズ』志田こはくと練習 異例のナレーションとして1話から参加

 スーパー戦隊シリーズ最新作『王様戦隊キングオージャー』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)に5月14日放送の第11話から新戦士が登場。新たなキャラクターの名は、ジェラミー・ブラシエリ。謎が多く、まだまだすべてを明かされていない重要人物を、注目俳優の池田匡志(いけだ・まさし)が演じる。

ジェラミー・ブラシエリは池田匡志 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

ジェラミー・ブラシエリは池田匡志 (C)テレビ朝日・東映AG・東映

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 『キングオージャー』は、クワガタオージャー/ギラ(酒井大成)、トンボオージャー/ヤンマ・ガスト(渡辺碧斗)、カマキリオージャー/ヒメノ・ラン(村上愛花)、パピヨンオージャー/リタ・カニスカ(平川結月)、ハチオージャー/カグラギ・ディボウスキ(佳久創)ら5人の王様がヒーローとなり、昆虫モチーフのロボとともに人類滅亡を目論む強敵・地帝国「バグナラク」に立ち向かっていくファンタジー大作となる。

 池田は、2021年にドラマ『TOKYO MER』で俳優デビュー。その後も『もしも、イケメンだけの高校があったら』(2022年)、『君の花になる』(2022年)と、キャリアを積み、謎多きキーマン・ジェラミー役に全力で挑む。出演が決まった瞬間は「ぼう然」だったそうで、その後時間が経って「高揚感と期待で胸がいっぱいになった」という池田。現在は「毎日新しい感覚を味わっているところです。そして、すべてが“初めて”の連続で、常に感動しています」と、初の特撮作品で充実した日々を送っているという。

 2000年前にチキューの人類を救った英雄は5人だと言われていたが、実は6人目がいて…。池田演じるジェラミー・ブラシエリは、どうやらその6人目の英雄の血を継ぐ人物で、キングオージャーの伝説を伝える“語り部”を自称している。見た目は普通の青年だが、かなり年を取っているのか…、など謎だらけ。また、語り部としてのプライドからか、伝達方法に特徴があり、出会ったギラたちにも「行間を読み取れ!」と、肝心なことは言葉にしない独特のスタイルでの会話を強要。そのためスムーズに意思疎通ができず、なかなか人に理解してもらえない。しかも、争いを嫌う平和主義者で、キングオージャーとバグナラクとの戦いでも中立の立場を貫こうとするが、その真意はまだまだ謎。はたして、ジェラミーは敵か味方か…。キーマンになること必至の重要キャラといえる。

 そんなジェラミーだが、戦闘時は変身剣クモノスレイヤーでスパイダークモノスに変身。ヴェノミックスシューターを武器に、クモの糸を操って攻撃する。スパイダークモノス/ジェラミーが戦う敵はキングオージャーなのか、バグナラクなのか…。今後の展開から目が離せない。

 さらに今回、ジェラミーを演じる池田が、第1話からナレーションを担当していたことも発表。“語り部”だけに実は第1話から物語のポイントを声で伝えていた。「昔から自分の声に自信がなかったので、最初はすごく不安でした」と語る池田だが、「これからは『このナレーションもジェラミーの声なんだ!』と思いながら聞いていただけるとうれしいです」と呼びかけた。

ジェラミー・ブラシエリ(池田匡志)が変身するスパイダークモノス (C)テレビ朝日・東映AG・東映

ジェラミー・ブラシエリ(池田匡志)が変身するスパイダークモノス (C)テレビ朝日・東映AG・東映

写真ページを見る

■池田匡志コメント
――『王様戦隊キングオージャー』に出演が決まったときの気持ちは?
【池田】合格を聞いた瞬間は、「うれしい!」「ビックリ!」みたいな感じというよりかは、ぼう然として実感が湧きませんでした。時間が経つにつれて、ジワジワ実感してきて…。そこでようやく高揚感と期待で胸がいっぱいになりました。小さい頃、『仮面ライダー555(ファイズ)』(2003)の大ファンだったんです。変身ベルトなども全部そろえるほど好きで見ていました。スーパー戦隊シリーズは、『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(2022)を拝見して、ヒーローショーも観に行きました!その時、皆さんのヒーローとしての佇まいがすごくステキで、「こういうヒーローを僕がやるんだな…」という責任を感じたことを覚えています。そして、同じ事務所ということもあって、『ドンブラザーズ』に出演していた志田こはくちゃんからお話を聞かせてもらったり、せりふの練習に付き合ってもらったりしたんです。一緒に練習してすごく楽しかったですし、とても勉強になりました。

――ジェラミーをどんな風に演じていこうと思っていますか?
【池田】ジェラミーは“語り部”ということもあって、とにかくしゃべるのが大好きで、ふざけることも好きな人なんだと思っています。でも、その中にかわいさや無邪気さがあるんですよね。そして、争いが嫌いな誰よりも平和主義なキャラクターです。ジェラミーは、とても余裕のある人物で、人と楽しんで会話をしているので、そういう魅力を常にお見せしていきたいです。そして、衣装もカッコイイです!この衣装を着るとスイッチが入って、テンションがすごく上がります。もともと白が好きで、私服でもよく着ているので、個人的にもこの衣装を着れてうれしいです。「人生でこんな王子様っぽい衣装を着る機会があるんだ!」と思いながら、毎日着ています(笑)。

――実は第1話からナレーションを担当されていますが…?
【池田】普段見ていたアニメやドラマに出てくるナレーションを自分がやっているという不思議な感覚が、実は今でも続いています。これからは「このナレーションもジェラミーの声なんだ!」と思いながら聞いていただけるとうれしいです。

――初めての特撮作品ですが、驚いたことは?
【池田】日々、驚きでいっぱいです(笑)。まず初めてグリーンバックで撮影して驚き、アクションシーンでも驚いて、毎日新しい感覚を味わっているところです。そして、何より僕自身が変身するということ…すべてが“初めて”の連続で、常に感動しています。初めて変身シーンを撮影したときは、頑張って「俺はヒーローなんだ」と言い聞かせながら変身しました(笑)。まだ、完成した映像を見ていないので、どんな風になっているのか楽しみです。ついに夢だった変身ができてうれしかったです。

――「キングオージャー」のメンバーと一緒に撮影してみて?
【池田】みんな気さくな方ばかりですし、本当に優しいんです。僕は途中から参加するということで、不安もあったんですが、皆さん話しかけてくれたり、仲良くしてくださるので本当にうれしいです。これからどんどん仲を深めていけたらいいなと思っています。

――視聴者にメッセージそ。
【池田】『王様戦隊キングオージャー』がすばらしい作品になるように、ジェラミーが皆さんから愛されるキャラクターになるように、1年間精いっぱい頑張ります。今後、ジェラミーが物語にどんな刺激や影響を与えていくのかにも、どうぞご期待ください!

関連写真

  • ジェラミー・ブラシエリは池田匡志 (C)テレビ朝日・東映AG・東映
  • ジェラミー・ブラシエリ(池田匡志)が変身するスパイダークモノス (C)テレビ朝日・東映AG・東映
タグ

    オリコントピックス

    あなたにおすすめの記事

     を検索