• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「人生思い通りにいかない」宮崎宣子 テレビ局退社、フリー転身を経て起業、大学院へ…岐路乗り越え今想うこと

「人生思い通りにいかない」宮崎宣子 テレビ局退社、フリー転身を経て起業、大学院へ…岐路乗り越え今想うこと

フリーアナウンサーで実業家の宮崎宣子がこの春、早稲田大学大学院に入学したことが話題に。日本テレビ局アナ時代には『ラジかるッ』『ザ!世界仰天ニュース』など多数の看板番組を担当。さらに2012年には勤続10年で“寿退社”とともにフリー転身と、傍目には順風満帆なライフステージを歩んできた宮崎だが、その実は心も体も満身創痍だったと振り返る。20年ぶりの学生生活をスタートしたばかりの宮崎に局アナ時代のこと、自身のキャリアを振り返って今、思うことを聞いた。■「ぜんぜん大丈夫」だったはずが番組降板、休職に

この記事の画像

  • 日テレ時代は「同期入社の中でも落ちこぼれだった」と話す宮崎宣子
  • 20年ぶりに母校に戻って学生になった宮崎宣子(Instagramより)
  • 「新人勧誘にサークルの皆さんが賑わってて、何だか卒業から20年という月日の流れをしみじみ感じました」(Instagramより)
  • 「とにかく楽して単位を取りたい18歳の時と、取りたい授業がたくさんあって、学びたい思いの方が強い42歳」(Instagramより)
  • 「今まで使ってこなかった脳みそが活動しはじめて、脳もグッタリ。甘いものが欠かせないようになりました」(Instagramより)
  • 「皆さん飲み会に参加したり、色々と交流を深めている中で、私は、疲れ果ててその気力すらない」(Instagramより)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索