ドラマ&映画 カテゴリ

阿部寛、ホームページ変更を拒否「あれ人気だから」 簡素すぎることでおなじみ

 俳優の阿部寛安田顕が8日、都内で行われた映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した。

ホームページ変更を拒否した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.

ホームページ変更を拒否した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 映画の見どころについて、阿部は「全編出ているので、自分の評価になるから、あまり言いたくない」と恐縮しながらも「歌を歌うところがある。当時は、この歌は設定に合っているのか疑問に思っていた。でも、いざ映画になって、できた時に『こんなに胸を打つ歌い方ってあるんだ』と改めて瀬々(敬久)さんに感謝した」と振り返る。

 そして、ラストシーンについて「安田くんが思いの外、殴った。それが、ちょっと油断していたのでテストの時に目の覚める思いをした(笑)」とぶっちゃけ。続けて、「『コイツ、このシーン、本気なんだ』って。そこからの展開で感情が上がるシーンがあるので、そこは感謝しています」とニヤリとすると安田は「申し訳ございませんでした。10回も叩いてしまい」と平身低頭で笑わせていた。

 また、新年度がスタート。新しく始めたいことについてトークすることになったが阿部は「きのうから考えているんですけど思いつかない…」とぽつり。安田から「阿部さんは、ご自分の公式ホームページを更新された方が」と簡素なことでおなじみのホームページをイジられると、阿部は「でも、あれ人気だから」と笑顔で変更を拒否。笑いながら安田も「変える必要ないですね(笑)。失礼しました」と会場を笑いに包んでいた。

 原作は人気小説家・重松清氏が親子の絆を描いた同名小説。過去にも2012年にNHKでドラマ化、翌13年にはTBSで連続ドラマ化もされた。物語の舞台は広島県備後市。市川安男ことヤス(阿部)は、愛妻との間に待望の息子・アキラ(北村)を授かったが、幸せも束の間、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間たちに助けられながら、不器用にも息子を愛し続ける感動ストーリーが描かれる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 阿部寛、ホームページ変更を拒否「あれ人気だから」 簡素すぎることでおなじみ
  2. 2. 阿部寛『ドラゴン桜』効果に苦笑 新大学1年生にエール求められ「受験生を励ますのは要求される」
  3. 3. 瀬々敬久監督、お賽銭50円をざんげ 大切な作品の封切り日迎え約束「もうちょっと値上げ」
  4. 4. 北村匠海、始めたいことは海関連多め アクティビティ満喫宣言「やりつくしてやろうかな」

関連写真

  • ホームページ変更を拒否した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した(左から)瀬々敬久監督、安田顕、阿部寛、北村匠海、杏、大島優子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した阿部寛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した北村匠海 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した杏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した杏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した安田顕 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した大島優子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『とんび』の公開初日舞台あいさつに登壇した大島優子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索