歌手の黒崎真音が18日に開催した配信ライブ中に倒れ、同日に「硬膜外血腫」との診断を受けて緊急手術を行ったことが19日に公式サイトで発表された。 『黒崎真音の体調に関しまして』と題したエントリーで「2021年9月18日に開催した黒崎真音の配信ライブ中に本人が倒れたことにより、急遽、配信を中止させて頂いた件につきまして、ご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と経緯を説明。続けて「黒崎真音に関してですが配信中止後、救急搬送した先の病院で『硬膜外血腫』との診断が出ました。この診断を受け、受け入れ先の病院で緊急手術を行いました」と緊急手術を受けたことを明かした。手術は成功し、現在は容態については「安定しております」とする。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索