ドラマ&映画 カテゴリ

S・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』本予告解禁

スティーブン・スピルバーグ監督による『ウエスト・サイド・ストーリー』(12月10日公開)US版ポスタービジュアル(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

スティーブン・スピルバーグ監督による『ウエスト・サイド・ストーリー』(12月10日公開)US版ポスタービジュアル(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

写真ページを見る

 世代を超えて人々を魅了し続ける名作ミュージカルを、巨匠スティーブン・スピルバーグが実写映画化。エンターテイメント界に新たな歴史を刻む映画『ウエスト・サイド・ストーリー』(12月10日公開)より、「♪Tonight(トゥナイト)」から始まる本予告がWEBで解禁された。手を取り合うトニーとマリアの影が印象的に描かれたUS版の新ポスタービジュアルも到着した。

【写真】その他の写真を見る


 これまで2度のアカデミー監督賞を受賞、多岐に渡るジャンルの名作を手掛けてきたスピルバーグだが、ミュージカル作品はキャリア初挑戦。『ウエスト・サイド・ストーリー』を自身の手で映画化することを夢見ていたという。

 1957年にブロードウェイ・ミュージカルとして誕生した「ウエスト・サイド物語」は、翌年にトニー賞2部門に輝き、1961年には映画化され作品賞含むアカデミー賞10部門を受賞した珠玉のミュージカル。日本では511 日にわたるロングラン上映という驚異の記録を打ち出し、伝説となっている。

 物語の舞台は1950年代のニューヨーク。マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功を求める多くの移民たちがいた。社会の分断の中で、貧困や差別に直面した若者たちは同胞の仲間と結束し、各グループは対立する。特に、ポーランド系移民<ジェッツ>とプエルトリコ系移民<シャークス>は激しく対立し、一触即発の状態に。そんな時、<シャークス>のリーダーを兄に持つマリアは、<ジェッツ>の元リーダーのトニーと出会い、一瞬でひかれあう。ふたりの禁断の恋が、多くの人々の運命を変えていくことも知らずに…。

 解禁された映像は、マリアの歌声から始まる。響き渡るのは、名曲「Tonight(トゥナイト)」。異なる立場を超えて、私たちは手を取り合うことができるのか?というメッセージが込められた楽曲が、<禁断>のラブストーリーの始まりを予感させる。

 ダンスホールで運命的な出会いを果たすトニーとマリア。しかし、対立するグループ同士の恋は許されず、マリアは兄から「奴には会うな」と釘をさされ、トニーは仲間から<シャークス>との戦争への協力を頼まれる…。映像では、恋に落ちる2人を引き裂くように<ジェッツ>と<シャークス>が激しく対立する様子や決闘シーンが垣間見えるほか、ミュージカルらしい華やかでエネルギッシュなダンスシーンも散りばめられており、スピルバーグ監督によって、世代を超えて人々を魅了し続ける<伝説>のミュージカル映画がどのように生まれ変わるのか。

 主人公トニー役を務めるのは『ベイビー・ドライバー』(2017年)で注目を浴び、渡辺謙や菊地凛子、伊藤英明、笠松将、山下智久らが出演するWOWOW×HBO max共同制作ドラマ『TOKYO VICE』(2022年春放送・配信)でも主演を務めるアンセル・エルゴート

 トニーと恋に落ちるマリア役には、3万人のオーディションから選ばれたレイチェル・ゼグラー。最近、ディズニーの実写版『白雪姫』のヒロインに抜てきされた新星だ。さらに、1961年の映画版でシャークスのリーダーの恋人アニータを演じてアカデミー助演女優賞を受賞したレジェンド女優リタ・モレノもトニーの良き理解者として出演する。

 本作を象徴するレナード・バーンスタイン(作曲)とスティーブン・ソンドハイム(作詞)が生み出した、「Cool(クール)」「America(アメリカ)」「Somewhere(サムウェア)」など、誰もが一度は耳にしたことがある珠玉のミュージカル・ナンバーが新たなキャストによるダイナミックでスタイリッシュなダンスと歌唱によって新たに輝く。

 振付は現代アメリカのダンス界をけん引するトニー賞受賞のジャスティン・ペック、音楽指揮は今年パリ・オペラ座の音楽監督に就任したグスターボ・ドゥダメルが担当。“異なる立場を超えて、私たちは手を取り合えるのか?”というタイムレスなテーマをスピルバーグと共にドラマティックに脚本化したのは、トニー賞とピューリッツァー賞受賞のトニー・クシュナー。あらゆるレジェンド達が、この映画のために集結した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. S・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』12・10公開、予告編解禁
  2. 2. S・スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』本予告解禁
  3. 3. スピルバーグ監督を虜にした『ウエスト・サイド・ストーリー』の音楽 新生「America」ダンスシーン
  4. 4. 「ウエスト・サイド物語」60周年、東山紀之「僕の原点」スピルバーグ版にも期待
  5. 5. スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』聖地でプレミア S・ソンドハイムさんを追悼
  6. 6. スピルバーグ監督『ウエスト・サイド・ストーリー』は「私のキャリアの集大成」
  7. 7. 『ウエスト・サイド・ストーリー』名曲「Tonight」本編映像解禁 GG賞4部門にノミネート
  8. 8. スピルバーグ監督が明かす制作秘話「時代を超えて何度でも」『ウエスト・サイド・ストーリー』
  9. 9. スピルバーグ監督、幼少期から“ウエスト・サイド・ストーリー”の虜

▼ その他の流れをもっと見る

関連写真

  • スティーブン・スピルバーグ監督による『ウエスト・サイド・ストーリー』(12月10日公開)US版ポスタービジュアル(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • マリア(レイチェル・ゼグラー)(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • トニー(アンセル・エルゴート)(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
  • スティーブン・スピルバーグ監督が、世界的名作ミュージカルを実写映画化『ウエスト・サイド・ストーリー』12月10日公開(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索