ドラマ&映画 カテゴリ

「第3回東京ドキュメンタリー映画祭」長編部門グランプリ&観客賞をダブル受賞した、日本に帰国せずフィリピンのスラムで暮らす「困窮邦人」たちのドキュメンタリー映画『なれのはて』が12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開されることが決定した。 フィリピンの首都マニラの貧困地区、路地の奥にひっそりと住む高齢の日本人男性たち。「困窮邦人」と呼ばれる彼らは、まわりの人の助けを借りながら、わずかな日銭を稼ぎ、細々と毎日を過ごしている。警察官、暴力団員、証券会社員、トラック運転手…かつては日本で職に就き、家族がいるのにも関わらず、何らかの理由で帰国しないまま、そこで人生の最後となるであろう日々を送っている。この映画は、異国で寄る辺なく暮らす4人の老人男性の姿を、7年間の歳月をかけて追ったドキュメンタリーだ。

この記事の画像

  • ドキュメンタリー映画『なれのはて』12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開 (C)有象無象プロダクション
  • ドキュメンタリー映画『なれのはて』12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開 (C)有象無象プロダクション
  • ドキュメンタリー映画『なれのはて』12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開 (C)有象無象プロダクション
  • ドキュメンタリー映画『なれのはて』12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開 (C)有象無象プロダクション
  • ドキュメンタリー映画『なれのはて』12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開 (C)有象無象プロダクション
  • ドキュメンタリー映画『なれのはて』12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開 (C)有象無象プロダクション
  • ドキュメンタリー映画『なれのはて』12月18日より新宿K’s cinema(東京)ほかで公開 (C)有象無象プロダクション

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索