ドラマ&映画 カテゴリ

戦争の爪痕が色濃く残る昭和32年の被爆後の長崎を舞台に、焼け落ちた浦上天主堂に残るマリア像を人知れず運び出そうとする鹿(高島礼子)と、忍(黒谷友香)の2人の女性を描いた人間ドラマ、映画『祈り ―幻に長崎を想う刻(とき)―』の予告編が解禁された。 不穏な音楽が奏でられる中、長崎に実際に落とされた原爆のシーンから始まる。爆破されて瓦礫と化した浦上天主堂に残るマリア像を前に祈りを捧げる高島の姿。昭和32年の長崎を舞台にマリア像を盗み出そうとする鹿や忍、それぞれがそれぞれの立場で戦後を必死に生きようとする姿を垣間見ることができる。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索