ドラマ&映画 カテゴリ

米倉涼子主演『ドクターX』、10月に2年ぶり新シリーズ 100年に1度のパンデミックで東帝大が激変

 女優の米倉涼子が主演するテレビ朝日系大ヒットドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の新シリーズ(第7シリーズ)が、10月期の木曜ドラマ枠(毎週木曜 後9:00)で放送されることが発表された。2年ぶりに復活する同シリーズに米倉は「絶対に前作を超えるものを作りたい!」と意欲的に語った。

 群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器のフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)。「いたしません」「私、失敗しないので」という名せりふとともに、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描き、視聴者の心を掴んできた。2012年の誕生以来、高視聴率を叩き出し、全シリーズの平均視聴率20%超えの快挙を達成。橋田賞や向田邦子賞をはじめとする各賞も総なめにしている。

 第7シリーズの舞台は、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」。「東帝大」は感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期する方針を採用。かつて花形だった外科は別棟の分院へ追いやられ、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭の兆しを見せていた。そんな感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大」に舞い戻った未知子は、まるで戦場のように疲弊しきった医療現場でも怯むことなく、確実に目の前の命を救うべくまい進するが…。はたして未知子はこの2年、どこで何をしていたのか。そして、彼女の前に立ちはだかる“新たな敵”とは一体…。

 どんなに困難で苦しい状況の中でも、決して止まることなく自由に、自分の行くべき道を突き進んでいく大門未知子。彼女のたくましくも美しい“信念に満ちた生き様”が、現在の社会状況の中で迷い行き詰まっている世の人々に、爽快感とパワーを届ける。

 最新シリーズにも、未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間を演じる内田有紀(城之内博美役)や岸部一徳(神原晶役)をはじめ、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医を演じる遠藤憲一(海老名敬役)や勝村政信(加地秀樹役)、鈴木浩介(原守役)、さらに前作ラストで「東帝大」院長の座を奪われた蛭間重勝を演じる西田敏行ら、個性と実力のある常連メンバーが再結集。米倉は「コロナ禍でおうち時間が増え、『ドクターX』を動画配信などで見返してくださった方もたくさんいらっしゃったようで、『面白かったです』と言ってもらえて、すごくうれしかったんです。そんな中、私たち『ドクターX』ファミリーのみんなが『ぜひもう一度やりたい』と願い、実現した最新シリーズ。そのパワーが皆さんに届いたらいいな、と思います」とメッセージを送った。

■米倉涼子(大門未知子役)コメント
――2012年に誕生した『ドクターX』も10年目。米倉さんはこの年月をどう感じていますか?
【米倉】『ドクターX』が始まると最初に聞いたのは、初めてブロードウェイでミュージカル『CHICAGO』に出演するため、ニューヨークに滞在していたときだったんです。そのタイミングを含めて考えると、この10年は自分自身の歴史をものすごく振り返られる時間。まさか大門未知子という1人の女性の歴史が10年続くなんて…! 私の人生設計になかったことなので、ありがたい限りです。それこそ最初は、大門未知子がどういう存在なのか、私にも全然分からなかったんです。でも「未知子はスッキリしてるよね。失敗しないよね」というイメージを、みんなで築き上げていき、この10年で視聴者の皆さんの中にも浸透していって…。そう考えると、この10年は未知子を演じる上での“起承転結”でもあったんだと思います。今回も未知子をしっかり演じきるために、今は最新シーズンに向けてエネルギーを蓄えているところです。楽しみにしててください!!

――この10年、米倉さん自身が『ドクターX』から受けた影響は?
【米倉】お医者さんと会える連載が始まるなど仕事の幅も広がりましたし、街中でも米倉涼子ではなく「大門未知子」と呼ばれるようになって…。影響はすごく大きいですね! 中でも大きい収穫は、『ドクターX』ファミリーのみんなと一緒にいることで得られた“仲間意識”。もちろん私だけでなく、みんなも「絶対に前作を超えるものを作りたい!」と思っているはずなので、楽しいだけじゃなくプレッシャーもあります。でも、みんなで力を合わせて超えていきたいなって、今回も思っています。

――昨年はスピンオフである『ドクターY』にご出演されましたが、『ドクターX』は2年ぶり。最新シリーズに臨むにあたって、何か心境の変化などありますか?
【米倉】実は『ドクターY』のとき、撮影があまりに楽しすぎて、未知子がちょっとハイパーになりすぎちゃったなって、反省したんです(笑)。よくよく考えたら、『ドクターX』第1シリーズの未知子って、もっと無口で、今より落ち着きがあったんですよね。せりふも昔は少なくて、基本的に口を開けば「私、失敗しないので」と「いたしません」。それがインパクトにつながって、大門未知子のイメージが定着したと思うんです。だから、今回の最新シリーズでは原点に戻って、少し落ち着きを取り戻したいな、と。この10年の経験を経て、もっと自信を持って、大人になって帰ってきた未知子でありたいな、と思っています。

――独立されて1年が経ちました。現在の“仕事に対するスタンス”は?
【米倉】自分でやらなければいけないことが、すっごく(!)増えたので、疲れてはいますけど(笑)、“自分が挑戦したいこと”をやるというスタンスは変わらず…。意外と皆さんが思うほど、私自身は変わっていないんですよ(笑)。ただ、以前は周りの皆さんが作り上げてくださった棚の上に乗るだけだったのが、今はそれこそショーのライティングや楽曲選びなど、打ち合わせの段階から参加させていただくようになったんです。頭は毎日休まらないですけど(笑)、ゼロから作り上げる楽しさを覚えました!

――そんな頭がフル稼働の中で、『ドクターX』の第7シリーズが始まります。
【米倉】せりふ、覚えられるかな(笑)? オペのシーンも視力が最近落ちたので、手元がちゃんと見えるか心配(笑)! でも、コロナ禍でおうち時間が増え、『ドクターX』を動画配信などで見返してくださった方もたくさんいらっしゃったようで、『面白かったです』と言ってもらえて、すごくうれしかったんです。今回は見てくださっている方々同様、私たち『ドクターX』ファミリーのみんなが「ぜひもう一度やりたい」と願い、実現した最新シリーズ。そのパワーが皆さんに届いたらいいな、と思います。

■内山聖子テレビ朝日エグゼクティブプロデューサーコメント
 緊張感、閉塞感が続き、医療現場も大変な時代です。だからこそスタッフキャスト一同、大門未知子に逢いたいと思いました。肩の力を抜いて、ひととき一緒に笑ったり泣いたりの時間を過ごしましょう。今回も力強くて痛快です! 全身全霊をかけて面白い『ドクターX』にします。お楽しみに!

■過去シリーズの平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
第1シリーズ(全8話) 2012年10〜12月 19.1%
第2シリーズ(全9話) 2013年10〜12月 23.0%
第3シリーズ(全11話) 2014年10〜12月 22.9%
スペシャル 2016年7月 22.0%
第4シリーズ(全11話) 2016年10〜12月 21.5%
第5シリーズ(全10話) 2017年10〜12月 20.9%
第6シリーズ(全10話) 2019年10〜12月 18.5%

関連写真

  • 米倉涼子主演『ドクターX』、10月に2年ぶり新シリーズ (C)テレビ朝日
  • 米倉涼子主演『ドクターX』、10月に2年ぶり新シリーズ (C)テレビ朝日

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索