ドラマ&映画 カテゴリ

全世界興収18億ドル超えのメガヒットホラーシリーズ「死霊館」ユニバース待望の最新作『The Conjuring: The Devil Made Me Do It(原題)』が『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』の邦題で今秋に公開されるが決定した(配給:ワーナー・ブラザース映画)。本国で予告映像も解禁された。 世界で最も有名な心霊研究家エド・ウォーレン&ロレイン・ウォーレン夫妻が実際に調査した事件を基に映画化された「死霊館」から始まり、呪われた人形アナベルが引き起こす戦慄の恐怖を描いた大ヒット人気ホラー「アナベル」シリーズや、『死霊館 エンフィールド事件』に登場した悪魔“ヴァラク”のルーツに迫る前日譚であり、「死霊館」「アナベル」シリーズでの元凶が明かされた『死霊館のシスター』(2018年)など、数多くのスピンオフ作品が製作されるほど、全世界で映画ファンを虜にしている「死霊館」ユニバース。本作はそのメガヒットシリーズの7作目にして、メインストーリー「死霊館」シリーズ3作目となる待望の最新作となる。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索