ドラマ&映画 カテゴリ

『劇場版オトッペ』斎藤工・阿佐ヶ谷姉妹・MoeMiが声のゲスト出演

 2017年からNHK・Eテレで放送されている子ども番組『オトッペ』が、ミュージカル映画化。『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』が10月15日に公開される。番組は、“聴察”をテーマに、世界一のDJを目指すシーナと、音から生まれたふしぎな生きもの「オトッペ」たちのへんてこな毎日を描いた物語。番組で流れるキャッチーな楽曲やダンスも人気で、関連動画再生回数は、1億5千万を突破している。

 『劇場版オトッペ』の主役は、風のオトッペ・ウィンディ。謎の赤ちゃんオトッペ・リルと出会い、オトッペタウンのみんなとワイワイ、ドタバタの大騒動を繰り広げる。ウィンディのいとこ、西風のオトッペ・ウエスティも大活躍。楽しい歌がたくさん詰まった、子どもも大人も笑顔になるミュージカル映画。今回解禁されたビジュアルと超特報映像では、麦畑でウィンディが赤ちゃんオトッペのリルを抱っこしている姿・様子を見ることができ、温かみのある優しい笑顔と、どこか懐かしい雰囲気の背景が調和した仕上がりに期待が高まる。

 劇場版で初めて登場するキャラクター、彗星ウタウーネのラララッタ大臣役を担当するのは、俳優の斎藤工。アフレコを終えて、「本人でも本人と気付かない声色だった記憶がありますので、耳で探してみて頂けたらうれしいです。是非ともオトッペの"音"や"リズム"を劇場で浴びながら、楽しい時間を過ごして下さい」と、劇場公開を楽しみにしている人たちにメッセージを寄せた。

 彗星ウタウーネの住人スイスイ・エリコ、スイスイ・ミホ役を阿佐ヶ谷姉妹渡辺江里子木村美穂が、それぞれ担当。「やりました! オトッペ映画化! いつもよりはるかに壮大なスケール、かわいらしさもより増し増しで私たち姉妹もメロメロでした〜。今回の役は私たちにどことなく似ていてうれしかったです」とコメント。「劇中曲にも少しだけ参加させてもらいました。ノリノリで歌ったのでそちらも聞いていただきたいです」とミュージカル映画ならではの楽しさを伝えている。

 彗星ウタウーネの先鋒、スイスイ・ヴァンガード役を担当したMoeMiは、「スイスイ・ヴァンガードは“スイ”と話すのですが、いろんな感情を込めた“スイ”を堪能していただけたらと思います。スイスイたちの歌にもぜひ注目してください」とコメント。

 テレビシリーズにフクビー役で出演している福田充徳チュートリアル)は、「劇場版オトッペにフクビーが出るなんても〜感動です。正直なんの活躍もしませんが、数少ないフクビーファンの皆様、スクリーンに映るフクビーの勇姿を是非劇場で御覧ください!」と、喜んでいた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』2021年秋、全国ロードショー (C)2021「劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ」製作委員会 (C)NHK/オトッペ町役場
  • ビジュアル第2弾(C)2021「劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ」製作委員会 (C)NHK/オトッペ町役場

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索