ドラマ&映画 カテゴリ

台湾の大ヒットゲームを映画化 『返校 言葉が消えた日』7月公開

 2017年に発売された台湾の大ヒットホラー・ゲーム「返校-DETENTION-」の映画化で、『悲情城市』や『クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』に続く、白色テロ時代を描いたダークミステリー、映画『返校(原題)』の邦題が『返校 言葉が消えた日』に決定。コロナ禍での延期を経て、7月に公開される。

 台湾人が忘れてはならない40年にも及んだ負の歴史を正面から描いたこの映画は、「第56回金馬奨(中華圏を代表する映画賞)」で主要12部門にノミネート、最優秀新人監督賞を含む最多5部門受賞の快挙を成し遂げた。その深いメッセージ性が台湾の多くの人の胸をうち、2019年の台湾映画No.1の大ヒットを記録。昨年1月に行われた台湾総統選挙にも影響を及ぼしたと言われ、まさに台湾では社会現象にまでなった作品。

 映画で描かれている時代の30年後を舞台としたドラマ『返校-DETENTION-』は、昨年12月からNetflixで全世界独占配信され、ゲームファンだけではなく映画ファン、ドラマファンからも大きな反響が起こった。

 解禁されたポスタービジュアルには、主人公である女子高生のファン・レイシン(ワン・ジン)を中心に、男子学生のウェイ・ジョンティン(ツォン・ジンファ)、男性教師のチャン(フー・モンボー)、そして女性教師のインが、舞台である学校を背景にそれぞれ意味ありげな表情で佇み、「自由が罪と教えれられた時代。あなたなら、どう生きましたか?」と、台湾の白色テロ時代を生きた彼らが、現代の私たちに問いかけるかのようなコピーが添えられている。

■ストーリー
 1962年、蒋介石率いる国民党の独裁政権下の台湾では、市民に相互監視と密告が強制されていた。翠華高校に通う女子高生のファン・レイシン(ワン・ジン)が放課後の教室で眠りから目を覚ますと、何故か学校には誰もいなくなっていた。校内を一人さ迷うファンは、政府から禁じられた本を読む読書会メンバーで、秘かに彼女を慕う男子学生のウェイ・ジョンティンと出会い、協力して学校からの脱出を試みるが、どうしても外に出ることができない。消えた同級生や先生を探す2人は悪夢のような恐怖が迫るなか、学校で起こった政府による暴力的な迫害事件と、その原因を作った密告者の哀しい真相に近づいていく。

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索