ドラマ&映画 カテゴリ

『キミセカ』菅田将暉がインスタライブに登場 4月の新ドラマトークも?

 7日に放送される日本テレビ系連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(毎週日曜 後10:00)の第8話を前に、間宮響役で主演する竹内涼真と主題歌「星を仰ぐ」を歌う菅田将暉が同日の午後5時ごろからインスタライブを実施することが決定した。

 4月の土曜ドラマ『コントが始まる』にて2年ぶりの連続ドラマの主演を控える菅田。盟友である2人のここだけしか聞けないトークや、『君と世界が終わる日に』だけではなく『コントが始まる』の裏話が飛び出すかも? インスタライブは竹内の公式(@takeuchi_ryoma)、および菅田はトップコート公式アカウント(@topcoat_staff)から配信する。

 ミンジュンの死、怒りに燃える響、そして首藤教授に魅入られた来美…怒涛の展開から目が離せない第8話。ミンジュン(キム・ジェヒョン)がゴーレムに噛まれたのは“女”に刺された傷が原因だったと知った響は、“女”の正体が来美(中条あやみ)だとは知らずに、憎しみを募らせていた。仲間たちもまた、ミンジュンを失ったことで復讐心に駆られる。

 一方、駐屯地にはゴーレムが侵入し、生存者が激減。首藤(滝藤賢一)を裏切り、冷凍保存装置の中にワクチンが存在しないことを知ったジアン(玄理)は、駐屯地の一室に幽閉されていた。ワクチンの代わりに冷凍保存装置の中にあったものとは一体何なのか?

 そんな中、駐屯地で結成された自警団は、安全な場所を求めて駐屯地外への調査を始める。そして、首藤がワクチン開発に尽力していると信じる来美は、首藤への信頼を益々厚くしていた。償いのため、自分の体を使った臨床実験を進める来美。そんな来美の心の傷を目の当たりにした等々力(笠松将)は、思わず来美を抱きしめて……。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索