ドラマ&映画 カテゴリ

Netflixは2月25日、韓国発のオリジナル作品のラインナップに加え、映像産業への継続的な投資に関して発表したオンラインイベント「See What's Next Korea 2021」を開催。2021年、約5500億ウォン(約5億米ドル・約520億円)を韓国発のコンテンツに投資するという。これは、380万世帯(2020年12月時点)いる韓国内の会員と世界中のファンのために韓国発の作品をより充実させるための取り組み。韓国のクリエイターと製作するNetflix映画『Carter (英題)』『Moral Sense (英題)』の2作品も新たに発表された。

Netflix共同最高経営責任...

この記事の画像

  • 「See What's Next Korea 2021」で約520億円の投資を発表したNetflixコンテンツ部門バイス・プレジデント(韓国、東南アジア、オセアニア圏)のキム・ミニョン
  • 「See What's Next Korea 2021」(左から)イベントMC、『Moral Sense (英題)』のパク・ヒョンジン監督、『Carter(英題)』のチョン・ビョンギル監督
  • 「See What's Next Korea 2021」Netflix コンテンツ部門ディレクター(シリーズ)のペ・ヴィンス、リ・キオ
  • 『Moral Sense (英題)』のパク・ヒョンジン監督
  • 『Carter(英題)』のチョン・ビョンギル監督
  • お酒をテーマに繰り広げられるペク・ジョンウォンのリアリティショー『Paik’s Spirit (英題)』
  • スタンドアップコメディの『Lee Su-geun: The Sense Coach(英題)』

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索