ドラマ&映画 カテゴリ

フォロワー63万人のキッズインスタグラマー・COCO、“母”土屋太鳳は「天使のように優しかった」

 女優の土屋太鳳が主演で、俳優の田中圭が共演する映画『哀愁しんでれら』(2月5日公開)から、2人の娘役を演じたCOCOのクランクアップコメントが26日、解禁になった。

 現在10歳のCOCOは、今年1月時点でフォロワー数63万人を誇る人気キッズインスタグラマー。原宿のビンテージショップを営む両親のもとに育ち、4歳でインスタを開設。ファッショナブルな写真が話題を呼び、『VOGUE』『ELLE』『VICE』などの海外メディアにも取り上げられている。

 メガホンをとった渡部亮平監督が、偶然インスタで彼女を発見し、オーディションに難航していたときに声をかけ、小春(土屋)と大悟(田中)の娘・ヒカリ役への抜てきが実現した。

 本作で演技初挑戦にして、映画初出演となったCOCOは「演技に興味を持っていたので、受けたいと思いました」とオーディションへの挑戦理由を語る。母役の土屋に対しては「レビで見ていて、会ってみたいなと思ったり、憧れるなって思ったりしています」といい「COCOにとても優しくしてくれて、天使のように優しくして。たまに『つらいときはつらいって言っていいんだよ』とか言ってくれて、心強かったです」と感謝した。

 土屋が演じるのは、平凡な毎日を送っていた市役所勤めの小春。しかし、ある夜、祖父が倒れ、父が飲酒運転で連行、自宅が全焼、彼氏の浮気現場を目撃するなど、怒とうの不幸にあい、一晩ですべてを失ってしまう。そんな中、田中演じるイケメン開業医の泉澤大悟と出会う。

 大悟は、前妻を事故で亡くし、現在は8歳の娘を男手ひとつで育てているが、互いに引かれ合い小春にプロポーズ。不幸から幸せの頂点へ駆け上がり、幸せな家庭を築いていくことを決意した小春だったが、ある日、前代未聞の凶悪事件を起こしてしまう…。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 土屋太鳳と田中圭の娘・ヒカリ役を演じたCOCO(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会
  • 土屋太鳳と田中圭の娘・ヒカリ役を演じたCOCO(C)2021 『哀愁しんでれら』製作委員会

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索