今年いっぱいで解散するE-girlsメンバーの須田アンナ(23)とYURINO(24)が、所属していたLDHを年内で退社することが15日、発表された。2人は同じくメンバーとして活動していたユニット・Happinessも卒業、武部柚那との3人組ユニット「スダンナユズユリー」は解散する。Happinessは2人が抜け5人体制で活動を続ける。LDHによると、2人とも芸能界は引退せず、今後の活動については未定だという。 須田は「私自身この決断に至るまでにたくさんの時間をかけて考え、悩み、答えを出しました」と退社についてコメント。LDHという存在の大きさを語るとともに、「先輩方や仲間たちが様々なことに挑戦していく姿を見て『2021年、人生の中で自分の大きなターニングポイントを自分自身で作らなきゃこのままじゃ何も変われない、成長できない。』そんな風に考えることが増え、『私は私の挑戦をここでしよう!』という想いでLDHから離れることを決めました」と決断の経緯を明かしている。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索