ドラマ&映画 カテゴリ

古川琴音、朝ドラ『エール』主人公夫妻の娘役 15歳から花嫁まで変幻自在に存在感を発揮

2020年前期連続テレビ小説『エール』(NHK)で主人公夫妻の一人娘・古山華を演じている女優の古川琴音(24)。同ドラマに初登場した時は“15歳の女学生”、そして今月24日放送の最終週・第117回では“運命の人”と出会った幸せな花嫁になり、限られた出演シーンの中で成長する華を演じきった。一方で、TBS系ドラマ『この恋あたためますか』ではコンビニで働く“中国人”役、姉思いの妹を演じたJTのCMの印象も強く、その変幻自在ぶりが注目を浴びている。

――2018年に映画『春』で映画デビューして以来、映画『十二人の死にたい子ど...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説『エール』第117回(11月24日放送)主人公夫妻の一人娘・古山華(古川琴音)が“運命の人”と結婚 (C)NHK
  • 第19週・第92回(10月20日放送)15歳になった華として古川琴音が初登場(C)NHK
  • 第23週・第115回(11月20日放送)アキラ(宮沢氷魚)のリハビリを手伝ったことをきっかけに、華(古川琴音)とアキラは急接近(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』主人公夫妻の一人娘・古山華(古川琴音)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』看護の仕事に就いた古山華(古川琴音)(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索