EXILE ATSUSHI(40)が、11月2日をもってグループとしてのEXILEの活動を卒業し、ソロ活動に専念することが明らかとなった。「Your eye's only〜曖昧な僕の輪郭〜」(2001年9月27日)でデビュー以来、EXILE ATSUSHIとして約200曲を歌い、11枚のオリジナルアルバム制作、15回のライブツアー開催など、不動のヴォーカリストとして牽引。来年のデビュー20周年を前に、40歳の節目に大きな決断を下した。 2020年は、新型コロナウイルスの影響もあり、多くのアーティストにとって変化を迫られる年となった。ATSUSHIも本格的な海外活動として、ブルーノ・マーズらの音楽プロデュースチーム「1500 or Nothin’」とアルバム制作の契約を交わし、着々と準備を進めていたが、ストップを余儀なくされた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索