ドラマ&映画 カテゴリ

柴咲コウ主演『35歳の少女』はなぜ音楽少ない? “余計な演出”を排除「ある意味、腹をくくった」

女優・柴咲コウが主演する日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)。脚本家・遊川和彦が手掛ける今作では、劇中に挿入される音楽を極端に控え「真っ黒な画面」を多数使用している。遊川、プロデューサー大平太ら制作者が「ある意味、腹をくくった」と語る挑戦的なドラマづくりについて語った。

今作の主人公は“10歳のとき事故に遭い25年間眠り続けた少女・望美”(柴咲)。第1話では...

この記事の画像

  • 土曜ドラマ『35歳の少女』に出演する(左から)坂口健太郎、柴咲コウ (C)日本テレビ
  • 土曜ドラマ『35歳の少女』主演を務める柴咲コウ(C)日本テレビ
  • 土曜ドラマ『35歳の少女』に出演する(左から)鈴木保奈美、柴咲コウ (C)日本テレビ
  • 土曜ドラマ『35歳の少女』脚本を務める遊川和彦氏と大平太プロデューサー(C)日本テレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索