• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 休養を経て「今を大事にしよう」国民的美少女・高橋ひかる、オードリー愛&YouTube開設で新境地へ

休養を経て「今を大事にしよう」国民的美少女・高橋ひかる、オードリー愛&YouTube開設で新境地へ

 「早口になった途端に頭で考えてなくて、口でしゃべっているんですよ。頭に口があるというか、口が脳になっている感じです」。全身を使って、あふれる思いを伝えてくれたのは女優・高橋ひかる(19 ※高ははしごだか)。2014年に『第14回全日本国民的美少女コンテスト』グランプリに輝いて以降、モデル・女優など多岐にわたって活躍しているが、この春に高校を卒業し、新たな一歩を踏み出した。「来年の9月に二十歳になるのですが、今までは『早く来てほしい』なんて思っていましたけど、ついに来てしまったかという気持ちです。最近になって、自分を出せるようになったし、この1年は節目になるので、人間として大きく成長していきたい」と意気込む、高橋の「これまで」と「これから」に迫った。

【写真】その他の写真を見る


■6年間の芸能活動「みなさんに感謝」 休養期間がターニングポイントに「フタしていた部分が開いた」

 小学生の頃から「いつかは入りたい」と思ってきた“芸能界”。ふとしたきっかけで、その扉が開いた。「ダンスの先生が『全日本国民的美少女コンテスト』について教えてくれて、締め切り当日に『受けてみたら』と勧めてくれて(笑)。慌てて提出して、それで一つひとつ進んでいって、グランプリをいただきました。あれから、もう6年が経ったんだと思うと、本当にあっという間。凝縮された期間で、学生生活とお仕事の両面を充実させることができましたし、いろいろなきっかけをいただいたから今があるので、みなさんに感謝しながら、それを活かしていきたいです」。

 自身の性格について「本当に無我夢中で生きている」と分析する高橋だが、最近になって心境の変化が訪れた。「今までは、幅広く知っていただきたいなと思っていて、高橋ひかるに関する細かなことまで知っていただかなくてもいいのかなという考えだったのですが、最近は私のことを好きになってくれた方には深く知っていただいて、今は興味ないよっていう方にも、どこかのタイミングで興味を持ってもらえるとうれしいなという考えになりました。昔は、どちらかというとネガティブ思考だったのが、最近になって『今を大事にしよう』と、ポジティブ思考に切り替わりました」。

 昨年10月から、約3ヶ月にわたって休養していたが、高橋にとって大切な時間となった。「休養をいただいたおかげで、今があると思っています。明るくなったり、考え方が楽観的になれたのも、その期間があったからなので、大きなターニングポイントのひとつです。現実世界の高橋ひかると、こうやって芸能活動をさせていただいている高橋ひかるの境目がなくて。基本的にオンとオフがそこまでないタイプで、もともとのベースが落ち着いたトーンだったのが、より明るくなったというか、フタをしていた部分が開いたみたいな感じで、楽しくハッピーに過ごそうという心境になりました」。

 そんな高橋の飾らない一面が垣間見えるのが、今年7月に開設したYouTubeチャンネル『たかしの部屋』。好きなラジオについて早口で思いの丈を伝えたり、ゲーム実況、料理、視聴者からのメッセージに答えていくなど、さまざまな動画を公開している。「とにかく興味がいろんなことにあって、熱が入ったら、本当にガッと集中するので、いろんなことに興味津々で取り組んでいます(笑)。熱が冷めないうちに集中してやっていて、これからもいろんなことにハマっていったりすると思うので、その点も興味を持って見ていただいたらうれしいです。ゆくゆくは、自分で編集までできるように今勉強しています」。

 そんな高橋が、愛聴している『オードリーのオールナイトニッポン(ANN)』をめぐって、注目を集めた。同番組のヘビーリスナーを指す「リトルトゥース」としても知られる高橋は、日本テレビ系バラエティー『踊る!さんま御殿』で『オードリーのANN』冒頭のあいさつのものまねを披露して話題となり、同局系の『スクール革命!』の企画では、オードリーゆかりの地をめぐって、時には興奮し、時には涙を浮かべながら熱いオードリー愛を伝えてきた。

■夢心地の『オードリーANN』出演「リトルトゥース研究生として…」 冠ラジオスタートに意気込み

 こうした経緯を経て、8月12日深夜放送の『オードリーANN』にゲスト出演が実現。春日俊彰と同じピンクベストで登場し、マシンガントークを繰り広げていったが、夢の時間を高速トークで振り返る。「最初は断ろうと思っていたんです。私なんかが行っちゃダメだ。もう、ラジオブースっていうのは聖域なんですよ。そんな場所に、私なんかが恐れ多いなと思ったのですが、これはもう『今行かなきゃいつ行くんだ』って改めて考えて、息を整えて『よし、行くぞ』と(笑)。『さんま御殿』でピンクベストもいただいていたので、これを着て、私は戦いに行くつもりで行きました。ピンクベストを着ていたからこその心強さもあって、『スクール革命!』のスタッフさんから番組グッズのリストバンドをお借りしていて、さらなるパワーアップもあって、本当に楽しくて。初めて私の存在を知った方には『誰だ?』っていう感じだったと思うのですが、私自身はリトルトゥース研究生としてものすごく楽しませていただきました」。

 高橋の思いは、まだまだ止まらない。「家を出る直前まで『もう、本当に行きたくない。何しゃべったらいいかわからないし、どうしよう』って。どういう風に進んでいくか、その場に行って、お2人に会ってからじゃないとわからないので、いろいろ考えながら『私はこのまま気を失って寝ていたい』っていう気持ちになっていました。でも、実際にブースに入ると、お2人の空気感、チーム付け焼き刃(オードリーANNスタッフの愛称)のみなさんの空気感に包まれた瞬間に『よし、みなさんについていこう!』と思えたので、そのおかげで無事に乗り越えることができました」。

 “リトルトゥース”として、最高の一瞬をリスナーとして振り返ったのだろうか。「いやいやいや、自分が出た番組は聞けないです! ただでさえ、自分の番組は恐ろしくて聞けないのに、お2人の声の上に私がかぶさった瞬間に『あっ、やっちまった!』って思ってしまうので、私はもう…。反省会をしたいところなんですけど、今回ばかりはできていないです。地元のとても仲のいい友だちから『ラジオ聞いたよ、面白かった』とLINEをもらって、このままぜひラジオを聞いてほしいなと思いました。雑誌のカメラマンさんと『実はリトルトゥースなんですよ』という話題で盛り上がったりするのですが、僭越ながら同世代にも布教していきたいです(笑)。ちょっと恥ずかしいなという思いもありながら、私を通じて同世代の方が聞いてくださっていたらうれしいですし、もっともっとラジオの良さを、力は全然足りないんですけど、お伝えできたらうれしいです」。

 そんな高橋の気持ちと呼応するように、10月1日から冠ラジオ『高橋ひかるHighway Runway』(JFN系)がスタート(詳細はhttps://audee.jp/program/show/51584)。タイトルは高橋自身が命名した。「冠番組はずっと憧れだったので、お話をいただいた時、すごくワクワクしました。タイトルは1〜2週間くらい、候補を思いついてはメモをしての連続で…。YouTubeチャンネルで、私の早口になる習性について何か名前をつけてくださいっていうことを問いかけた中に、Highwayっていうのがあって。高速道路とかバイパスがすごく好きだし、すごく早口になってしまうこともありますしHighwayもRunwayも真っ直ぐなイメージがあるので、自分を貫いていこうという思いを込めました。やっぱり、これまでラジオを聞いてきたので、自分の思いを詰め込んだ形になりました」。

 深夜ラジオリスナーらしく、目指すのは秘密基地のような番組。「19歳になって、子どもっぽさもありつつ、大人にもなっていく段階で、両方の視点を持っていると思うので、そこも生かしつつ、発信していきたいです。生放送じゃなくて、収録でさせていただくことになりましたが、そこはちょっと安心しています(笑)。生放送のラジオは臨場感があって、そのリアルタイム感が好きなんですが、収録で面白いところとか『ここを聞いてほしい』っていうのがギュッと詰まった感じも好きなので、リスナーのみなさんとも、そういった楽しみ方ができればうれしいです。初回収録を先日行ったのですが、テンションが上りすぎて、うれしくてうれしくて(笑)。すごくハイテンションな収録になったので、番組の名に恥じない“Highwayトーク”になっていると思います」。

 最後に、二十歳になるまでにやってみたいことを尋ねてみた。「すごく充実した日々を送ることができていて、宇宙に行くみたいなスケールが大きすぎることはできていないですが(笑)、自分の身の回りで『これをやりたい』っていうことは、ありがたいことにできているので、今を頑張りたいですね!」。高橋ひかるは、これからもあふれる思いを行動に、そして言葉に乗せながら“今”を全力で楽しんでいく。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 冠ラジオ『高橋ひかるHighway Runway』(JFN系)をスタートさせる高橋ひかる (C)ORICON NewS inc.
  • 冠ラジオ『高橋ひかるHighway Runway』(JFN系)をスタートさせる高橋ひかる (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索