ドラマ&映画 カテゴリ

大倉忠義、成田凌と“耳かきシーン”「優しくやってくれた」

“耳かきシーン”の感想を語った関ジャニ∞大倉忠義 (C)ORICON NewS inc.

“耳かきシーン”の感想を語った関ジャニ∞大倉忠義 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 人気グループ・関ジャニ∞大倉忠義、俳優の成田凌行定勲監督が26日、都内で行われた映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)の夏休み限定イベントに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 新型コロナウイルスの影響を受け、6月から延期する形で公開を迎える。大倉は「どうなるのかなと思っていました。でも予想より早く皆さんに届けられるようになって、本当にうれしいです」と心境を明かしつつ、ソーシャルディスタンスを保つため、まばらにスタンバイした報道陣を眺めながら「こんな状況なので(報道陣が)まばらな感じなのでちゃんと注目してもらってるのか心配にはなりますけど…。是非、いろんな方に観てもらいたいです」と付け足して、笑いを誘った。

 同作は『失恋ショコラティエ』で知られる漫画家・水城せとな氏の傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写化。主人公・大伴恭一を大倉が、そして恭一への想いを募らせ葛藤する今ヶ瀬渉を成田が演じている。

 劇中では、成田が大倉に“耳かき”をするシーンも。大倉が「あそこは自由演技でしたよね。気持ちよかったですよ。(成田が)めちゃくちゃ怖がって、優しくやってくれた」と笑顔で振り返ると、成田は「耳かきなんてやったことなかった。『大倉くんの耳の穴か〜』と思いながら…。耳かき下手でした、一番疲れたシーンでしたね」と笑った。

 続けて大倉が「ラブストーリーの作品でも耳かきのシーンはなかなかない」と語ると、行定監督は「男女のラブストーリーだと(耳かきシーンは)カットしちゃう。これは男同士のラブストーリーだから、恋愛の入り口やプロセスを丁寧に描きやすい。現場でも『男同士、いいな〜』って話になっていた」と明かしていた。

関連写真

  • “耳かきシーン”の感想を語った関ジャニ∞大倉忠義 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)成田凌、大倉忠義、行定勲監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の夏休み限定イベントに出席した(左から)成田凌、大倉忠義 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の夏休み限定イベントに出席した成田凌 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の夏休み限定イベントに出席した行定勲監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索