ドラマ&映画 カテゴリ

大倉忠義、『窮鼠はチーズの夢を見る』“元カノ”さとうほなみの再会シーン公開

 人気グループ・関ジャニ∞大倉忠義と俳優の成田凌が出演する映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)の新場面写真が21日、解禁された。公開されたのは大倉演じる恭一の大学生時代の元カノ役・夏生を演じる、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のドラマー「ほな・いこか」ことさとうほなみとの2ショット。さとうは今作が映画初出演となる。

 同作は『失恋ショコラティエ』で知られる漫画家・水城せとな氏の傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写化。主人公・大伴恭一を大倉が、そして恭一への想いを募らせ葛藤する今ヶ瀬渉を成田が演じている。

 左から1枚目は、恭一と夏生が偶然の再会に笑顔を見せ合う姿が収められている。2枚目は、恭一と今ヶ瀬の関係に勘づいた夏生が今ヶ瀬を呼び出し「恭一のどこがいいわけ?」と切り込むシーン。

 元カレである恭一とヨリを戻したいと考えていた夏生は、煮え切らない態度の恭一に「あたしか今ヶ瀬、もしかして選べないの? 女と男だよ!?」と詰め寄り、今ヶ瀬に対してマウントを取ろうとするが…。

 恭一を取られたくないという必死な気持ちから、相手のことをどこかさげすむ発言や相手より少しでも自分を上に見せようとする“マウンティング女子”の一面をのぞかせる夏生。恋愛に必死になるあまり、周りが見えなくなってしまう姿はどこか憎めないキャラクターに仕上がっている。

関連写真

  • 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)の新場面写真が解禁(左から)大倉忠義、ほな・いこかことさとうほなみ (C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会
  • 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)のさとうほなみによる新場面写真が解禁 (C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索