ドラマ&映画 カテゴリ

ノーラン監督『TENET』日本は9・18公開 舞台裏を完全網羅した公式本発売決定

 新型コロナウィルスの影響により、ハリウッド映画大作が軒並み公開延期発表される中、クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』が、9月3日全米公開に先駆けて、8月26日から欧州・アジア圏を皮切りに世界各国で順次公開されることが明らかになった。日本では変わらず、9月18日に全国公開される。

 従来の公開形態を覆す今回の異例発表は、常に“映画の劇場体験”にこだわり続けるノーラン監督の最新作『TENET テネット』だからこそ実現できたこと。混沌とした状況が続く世界中の劇場と、映画ファンに新たな希望を与えるノーラン監督からのメッセージだと言える。さらには本作の公開をきっかけに、今後の洋画大作の新たなスタンダードになるかもしれないと世界中から期待を寄せられている。

 ノーラン監督自身が「これまでで最も野心的な映画」だと公言する本作は、世界7ヶ国を舞台にIMAXカメラで撮影、ノーラン作品史上最高額となる約2億ドル以上と言われる巨額(※IMDb調べ)を投じ、時間が逆行するというゲーム性をこれまで観たこともない映像表現で描かれる。

 海外の報道によると製作に携わったIMAX社CEOのリチャード・ゲルフォンド氏は、「映画に入り込む体験がこんなに素晴らしいものだということを忘れていました。『TENET テネット』は本当に美しく、素晴らしい映画だと、ポストプロダクションに参加した多くのスタッフから聞いています」とコメントを寄せており、早くも関係者各所から大絶賛の声が広がり始めている。

 そして、本作の制作の舞台裏を完全網羅した、公式完全読本『メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場』(著者:ジェイムズ・モトラム)が、9月18日に発売される。156ページ(フルカラー)にも及ぶ膨大な1冊の中身の一部も公開。

 並々ならぬリアリティの追及から、どんな状況でも実写での撮影に挑戦するノーラン監督。本作では未来へ進む者と時間を逆行する者が交錯するアクションをはじめ、空前の映像が観るものすべての常識を吹き飛ばす。本書にはそんな未知なる映像がいかにして生み出されたのか、膨大なメイキング写真と共に、クリストファー・ノーラン監督、撮影監督のホイテ・ヴァン・ホイテマ、美術監督のネイサン・クローリーによる詳細な解説によって解き明かされる。さらに、人物設定に基づいた緻密な衣裳デザインや世界中のロケ地についての解説、動きを図解した設計図などは、鑑賞後の謎を解決する手がかりとして活躍すること間違いなし。ノーラン監督がどんな独創的なヴィジョンを抱き、『TENET テネット』に取り組んでいたのか、鬼才の頭の中をのぞき見できるファン必携の1冊となるのは間違いない。

関連写真

  • クリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』 9月18日公開 (C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
  • 『メイキング・オブ・TENET テネット クリストファー・ノーランの制作現場』9月18日発売

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索