「世の中ときちんと向き合う」コロナ禍の音楽番組の作り方『うたコン』

演歌や歌謡曲、ポップス、洋楽、クラシックなど多彩なジャンルの音楽を生放送で視聴者に届ける歌番組『うたコン』。毎回、ユニークな切り口で幅広い世代に向けて“歌”を届けてきた。コロナ禍でもその姿勢は一貫して変わらず、視聴者の思いをすくい上げながら、 “今”を映す歌の数々を紹介して寄り添い続けている。同番組のチーフ・プロデューサー・一坊寺剛氏に、番組作りに込めた思いを聞いた。

■番組作りで最も...

この記事の画像

  • 『うたコン』司会の谷原章介(左)と赤木野々花アナウンサー(C)NHK
  • NHK『うたコン』チーフ・プロデューサー・一坊寺 剛氏

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索