ドラマ&映画 カテゴリ

井ノ原快彦が道枝駿佑にエプロン姿でお弁当づくり 『461個のおべんとう』特報解禁

 人気グループ・V6井ノ原快彦関西ジャニーズJr.道枝駿佑が親子役として初共演する映画『461個のおべんとう』の公開日が、11月6日に決定した。このほど、特報とお弁当がつなぐかけがえのない絆で結ばれた笑顔の一樹(井ノ原)と虹輝(道枝)親子の姿を捉えた第1弾ポスタービジュアルも完成した。

 今作は渡辺による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を、『461個のおべんとう』として映画化。妻と別れ、息子である虹輝と2人で暮らすことになった一樹。虹輝の要望で毎日お弁当を作ることになり、親子は大切な約束を交わす。高校3年間、『お弁当を作る』『休まずに学校へ行く』――。2人は親子の絆をお弁当を通して紡いでいく。

 特報で、一樹のモデルとなるのは今年結成30周年を迎えるヒップホップバンド、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美。その渡辺が作詞作曲をした挿入歌「Oh Baby!」を井ノ原が歌っているほか、道枝との共演シーンや料理シーン、おいしそうなお弁当の数々が収められている。

 今回、初共演を果たした井ノ原と道枝は、撮影中毎日2人でお弁当を食べたり、撮影がないときでも他愛のないメールをしたりと和気あいあい。お弁当を作るシーンが多いことから井ノ原は自宅で料理(特に卵焼き)の勉強もするほどの熱の入れようだったそう。

 購入してきた曲げわっぱをうれしそうに見せびらかす一樹は、毎日のお弁当作りに楽しさを見出していく。エプロン姿でキッチンに立ち、卵焼きを手際よく作るだけではなく、オクラの肉巻きや彩りまで気にする手の込みよう。毎日のお弁当に虹輝が飽きないように旬の素材を使って季節を感じてもらう、午後からテンションを上げるためにはどういう料理が入っていたら喜ぶのか、お弁当と一緒にメッセージを添えたりと思考を凝らしていく。

 時にはお肉を焦がしてしまうこともあるが、高校生活の3年間、1日も欠かすことのなかったお弁当の数なんと461個。美味しく平らげて空になった弁当を見て大きく頷きながら喜ぶ一樹に、ほっこりとした気持ちになるワンシーンも切り取られており、心温まる物語が描かれる本編への期待が高まる特報となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索