• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • オードリー、『ANN』むつみ荘回ギャラクシー入賞に喜び「気持ちも新たに…」

オードリー、『ANN』むつみ荘回ギャラクシー入賞に喜び「気持ちも新たに…」

 お笑いコンビのオードリーが、6日深夜放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週土曜 深1:00)に生出演。今月1日に、放送批評懇談会による第57回ギャラクシー賞のラジオ部門で入賞したことが発表されて以来、初の放送となったが、喜びのコメントを寄せた。

 この日の番組冒頭、若林正恭が「いやーなんかもう、気持ちも新たにやっていかないといけないなと。うれしいことがあって、これを目指してやってきたんですけど…」と入賞を報告。春日俊彰が「すばらしいね」と合いの手を入れると、若林は「11月にお知らせしたときは入賞候補だったんですけど、今回は正式に入賞したことになっていて。大賞に輝く可能性も残っていて、7月2日に発表される」と明かした。

 その後、若林が「もし大賞を取ったら、春日以外の全員で出席するんだよね」と向けると、春日がたまらずツッコミ。若林が「最初にギャラクシー賞に候補に入った時に、事件があったからさ。ちょっとおさらい、どうだろう…」とギャラクシーの候補が発表された際の放送で、春日が「すごいことなの?」と”ハスる”コメントを残したため、春日は音源を聞き返して「コイツは出席しちゃダメだな。こんな言い方していたんだ」と反省していた。

 今回入賞した回は、2019年8月31日深夜の「むつみ荘から最後の生放送」の放送回。春日俊彰が長年交際をしてきたクミさんとの結婚を機にリスナーにとっては馴染みである阿佐ヶ谷のむつみ荘から引っ越しをすることになり、引っ越し作業中の春日のアパートから最後となる生放送を行った。

 選考理由として「オードリーの春日俊彰が長年住んだ「むつみ荘」から予告なしで生放送し、相方の若林正恭と一対一で延々と交わす駆け出しの頃の思い出に話が弾んだ。どこか懐かしさのある深夜放送の本質が詰まった放送回である」とつづっている。

 実に20年過ごしたアパートとのお別れの夜であり、全国のリスナーがラジオの前でともにオードリー第1章の区切りを感じさせる、記憶に残る放送となった。今回ラジオ部門は8番組が受賞したが、大賞、優秀賞、選奨の最終結果発表は7月初旬、オンラインで行うことを予定している。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索