ドラマ&映画 カテゴリ

【麒麟がくる】信長の弟殺し、「飲め、飲め」に戦慄 イケメン権六にも反響

 NHK・大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第18回「越前へ」が、17日に放送された。美濃の斎藤道三(本木雅弘)を息子・斎藤高政(伊藤英明)が討った長良川の戦いを描いた前回に呼応するかのように、尾張の織田信長(染谷将太)と織田信勝(木村了)の兄弟骨肉の争いが描かれた。

【写真】その他の写真を見る


 父・織田信秀の死後、家督を継いだのは信長だったが、父の居城・末森城を継承したのは、信勝だった。美濃で斎藤親子が戦闘状態に入った頃、尾張では信勝が信長に反旗を翻した稲生の戦いが起きていた。信勝方が敗れたが、母・土田御前のとりなしで、信勝は命拾いする。しかし、信勝の兄に対する敵意が失せたわけではなかった。長良川の戦い後、道三お気に入りの信長を追い詰めようと動き始めた高政と結託する。“敵の敵は味方”と言わんばかりだ。

 ふたたび謀反の兆候に気づいた信長は、帰蝶(川口春奈)の「直接、会って(どうするか)決めたらいい」という助言にも背中を押され、仮病を使って信勝を誘い出す。

 信勝と対面した信長は「そなたを呼び寄せ、討ち果たすために偽りを申した」と、そうそうに打ち明け、母親や重臣からも愛された信勝を妬み、何度も殺してやろうと思っていたと激白する。

 信勝も「兄上が疎ましい、兄上さえいなければ」と思っていたことを告白。「我らは似た者同士ということか」と、涙を一筋流す信長。兄弟が腹を割って話し合ったかと思いきや、信長は涙が乾く間もなく、目の前の器を指して「これを飲め」と信勝に迫ったのだ。それは、信勝が持参した「美濃の白山より持ち帰った霊験あらたかな湧き水」。「飲め、飲め、お前が飲め!」と迫る染谷の演技が今回も光っていた。

 高政も仮病を使い、見舞いに訪れた弟の孫四郎と喜平次を謀殺したが、家臣に斬らせていた。同じようなことをしているようで、信長のほうがよっぽど恐ろしい。高政は異母弟だったが、信長は父も母も同じ弟。さらに、自ら相手と向き合って手を下しているところで、格の違いのようなものを見せつけた。「霊験あらたかな湧き水」は、道三が土岐頼純(矢野聖人)を毒殺したお茶が思い出された。

 今回の信勝暗殺に、信勝の家臣でありながら加担したのが、柴田勝家、通称「権六」だった。演じるのは、安藤政信。ネット上では《安藤権六がイケメン過ぎて、歴代の柴田勝家には大変申し訳ないが、彼ならお市の方が添い遂げるのも納得である》《ゲームだと髭達磨のような柴田権六を見慣れているので、この大河のイケメン権六に一瞬戸惑う。》と、これまでの歴史ファン、戦国ゲームファンのイメージを覆す姿で、反響を呼んだ。

 安藤も「歴代の役者さんたちが演じてこられた柴田勝家像は、線の太い、男くさいイメージが強かったと思いますが、僕はどちらかと言えば、線が細いタイプです。太いナタを振り下ろすような豪快なイメージというよりは、研ぎ澄まされたナイフで鋭く切り込んでいく勝家をお見せできればと考えています」(公式サイトより)とコメントしている。

 安藤の言うとおり、「今回の信長も、僕が演じる勝家と同じくこれまでのイメージと異なると思うので、それらのキャラクターが絡み合って、どんな化学反応が生まれるのか楽しみ」(同)だ。

関連写真

  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より。信勝(木村了)が持参した美濃の湧き水を「飲んでみろ」と迫る信長(染谷将太)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より。仮病を使って弟・信勝を誘い出した信長(染谷将太)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より。道三が討たれると、それを後ろ盾にしてきた織田信長(染谷将太)はピンチに追い込まれる(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より。仮病を使って弟・信勝を誘い出した信長(染谷将太)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第18回より(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索