• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ビジネス
  • USENが手がけるオフィス専用BGM 「Sound Design for OFFICE」の効能とは?

USENが手がけるオフィス専用BGM 「Sound Design for OFFICE」の効能とは?

 幅広い事業を展開するUSEN(USEN-NEXTグループ)のいわば本流ともいえるのはやはり有線放送。店舗・施設用BGMの契約は約75万件で当然ながら業界最大手だが、2013年よりスタートさせたオフィス専用サービス『Sound Design for OFFICE』も好調。19年末時点で約6万9000件にまで導入が進んでいる。会社にBGMが流れることで、具体的にはどのような効果が期待できるのか。実際に14年よりこのサービスを利用し続けている三井ホームの事例から、そのメリットなどを聞いた。

【写真】その他の写真を見る


明確な目的に分類された単なるBGMというイメージを超えた機能

 USENが運営するオフィス環境に最適化されたBGMサービス『Sound Design for OFFICE(以下『SDO』と略)』。現在は全111チャンネルで構成されており、機能別におもに4つのカテゴリーがある。それぞれ「集中力向上」「リラックス」「リフレッシュ」「気づき」という明確な目的に分類され、大学などの研究機関との共同研究・実験データに基づく編成が行われているチャンネルも揃う。
「導入後のお客様の満足度調査では、約86%の企業様よりオフィス環境が<良くなった><とても良くなった>と回答をいただいています。会社の中の就労エリアや時間帯で、流す/流さないを選択できますし、まずは部分導入でトライアルを、という提案をさせていただくことも多い。世の働き方改革の流れもあり、ご好評をいただいているという面もあるかと思います。職場環境にふさわしい音楽の存在は、仕事への集中力を高めるなど、単なるBGMというイメージを超えた機能を持っていると実感していただいているのでは」(USEN ICT Solutions 事業企画統括部 オフィスデザイン部 部長 野村大河氏)
 では、実際に導入した企業ではどのような評価を得ているのだろうか。三井ホームではサービス開始からまもなくオフィス向けBGMを利用している。
「導入は2014年度の下期からになります。数字上で顕著だったのは、残業時間の減少。導入前の上期と比較して、実に24%の削減ができました。その後、さまざまな働き方改革の取り組みと合わせ、現時点では当時の残業時間から約33%の削減につながっています。また、本社オフィスに加え、複数拠点の支社や関連会社にもオフィス向けBGMが広がっています」(三井ホーム 広報部 広報グループ 清宮貴氏)

時間によってかける音楽を変え、メリハリをつけることで残業減に

 具体的には、8時15分から9時まで、リラックスさせる小鳥の声入りのモーニング・クラシック。9時から10時までは、リフレッシュさせるくつろぎのイージーリスニング。12時から13時まではカフェテリア風のリフレッシュ音楽。16時から18時までは集中力アップのための柔らかい音楽を流しているのだという。
「18時の終業時間になると、ロッキーのテーマが流れ、部署ごとの終礼が行われます。USENを利用していた支店から本社に異動となった者がそのアイデアの発案者なのですが、ロッキーが流れると、いったん手を止め立ち上がり、それぞれのグループの状況を共有し、かつ今日は何時に帰りますと宣言したり。ラストスパートの合図としても効果的です。常に音楽が流れているのではなく無音の時間も設けることで、仕事にメリハリがつき、有効に活用できていると思います。音楽があることで、社内コミュニケーションが活性化するなど、実測は難しいのですが、副次的な効果も生まれている感覚はあります」(清宮氏)

ひらめきを誘発するBGMなど、目下研究中

 実際、SDO導入企業の事例のなかには、離職率が下がったと歓迎する声もあるほどだという。マスキング効果やメンタルケア効果に加え、より機能的なチャンネルも用意されている。東京藝術大学との共同研究の成果から『帰宅を促す音楽』をオリジナル製作したり、日のり子など人気声優が終業時間やノー残業デーを呼びかけるアナウンスチャンネルもある。
「様々な大学や研究機関との共同研究を積極的に行い、オフィス環境をBGMで改善できるという科学的な裏付けとなる検証を続けています。もちろん、それらの結果は、可能な限り編成にも反映しています。研究からは、クラシックBGMで冷え性が改善したり、ご高齢者のストレスが低減し健康状態が改善したり、といった意外な効果も確認されています。会議が時間通りに終わるようなBGMや、残業中に音楽があると生産性はアップするのかなど、研究すべきテーマは多い。アイデアが浮かびやすくなるクリエイティブ支援的なBGMはないか、という声もあり、私たちの重要な目標のひとつになっています。引き続き、オフィスの課題解決をBGMの面から実証的にサポートしていけたら」(USEN-NEXT HOLDINGS広報部 USEN広報担当部長・清水さやか氏)
 ひらめきを誘発しやすくするBGM(!)が、いずれ研究成果をもとに世に出されたなら、SDOの存在が業種を問わず改めて大きな注目を集めることは確実だ。今後のさらなる展開にぜひ期待したい。

文/及川望

関連写真

  • 三井ホームの導入例。18時になると「ロッキー」がかかり、部署ごとに終礼が始まる 写真提供/三井ホーム
  • USEN ICT Solutions 事業企画統括部 オフィスデザイン部 部長 野村大河氏
  • 三井ホーム 広報部 広報グループ 清宮貴氏
  • USEN-NEXT HOLDINGS広報部 USEN広報担当部長 清水さやか氏
  • インタビューに応じる野村氏(右)と清宮氏(左)

提供元:CONFIDENCE

オリコントピックス

 を検索