ドラマ&映画 カテゴリ

女優の清野菜名と俳優の横浜流星がW主演する読売テレビ・日本テレビ系連続『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜 後10:30)が、15日放送の最終回を前にクランクアップを迎えた。世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”(清野)と、彼女を操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”(横浜)として“最凶バディ”を演じた2人が、アジトである廃屋での最後の撮影を終わらせた。 これまで、動物的なミスパンダ、マイナス思考の囲碁棋士レン、そして催眠により眠っていたリコの3役を演じ切った清野と、精神医学を学ぶ大学生、メンタリスト、ミスパンダを操る飼育員さんを演じ怒りや悲しみ、微笑みなど様々な表情を見せてきた横浜。2人は互いが得意とするアクションシーンも劇中で披露し話題を呼んできた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索