• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 無観客の『R-1』決勝、ツイッター投票を初導入「お茶の間で笑って…」

無観客の『R-1』決勝、ツイッター投票を初導入「お茶の間で笑って…」

 8日にカンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送される“ひとり芸”No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2020』(後7:00)。新型コロナウイルス感染拡大予防のため、同日に行われる敗者復活ステージと決勝戦ともに、一般客の来場を取りやめて“無観客”大会となったが、視聴者の声をより反映させ、番組を盛り上げる施策として、視聴者投票を実施することが決定した。審査員の評価に加え、視聴者投票として、テレビのデータ放送による「dボタン投票」と、同大会ツイッター公式(@R1GRANDPRIX)からの投票を受けつける。ツイッターで視聴者からの投票を受け付けるのは、18回目にして初となる。

 「お茶の間d投票」では、ファーストステージの各ブロック終了後、テレビのデータ放送画面に選択肢が表示され、リモコンのDボタン(青・赤・緑・黄)により、一番おもしろかった人に1票を投票することが可能。「Twitter投票」では、公式アカウントから投稿されるアンケート機能により投票でき、それぞれの投票につき、1位に3ポイント、2位に2ポイント、3位に1ポイントが加算され、審査員の票と合算する。

 各ブロックを勝ち上がった3人によるファイナルステージでも同様の審査を行い、優勝者が決定する。決勝進出を決めているファイナリストは、Aブロックはメルヘン須長、守谷日和、SAKURAI、マヂカルラブリー野田クリスタル、Bブロックはルシファー吉岡ななまがり森下、パーパーほしのディスコ、すゑひろがりず南條、Cブロックはヒューマン中村、おいでやす小田、ワタリ119の11人で、準決勝で敗れた21人がCブロックの敗者復活枠1枠を狙う。

 同番組の梅田一路プロデューサーは「ここまで厳しい予選を勝ち上がってきた芸人たちの“渾身のひとり芸”を、視聴者のみなさまにぜひご覧いただきたいと思います。お茶の間でテレビを見ながら、笑って、審査に参加して、ファイナリストたちに声援を送ってあげてください」とのコメントを寄せている。

オリコントピックス

 を検索