嵐「日本GD大賞」史上初6度目の受賞 洋楽は2年連続でクイーン

日本レコード協会が26日、『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の受賞作品・アーティストを発表した。昨年1年間でCD、音楽ビデオ、有料音楽配信等の正味売上金額が最も多かったアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は嵐が3年ぶり、史上初となる6度目の受賞。洋楽部門は英ロックバンド・クイーンが2年連続3度目の受賞を果たした。

レコ協によると、アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)を受賞した嵐は、対象期間内(2019年1月1日〜12月31日)にアルバム235万6434枚、シングル80万8146枚...

この記事の画像

  • 『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門を受賞した嵐
  • 『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」洋楽部門を受賞したクイーン
  • 『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の「ベスト・エイジアン・アーティスト」を受賞したBTS
  • 『第34回 日本ゴールドディスク大賞』のKing Gnu「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」を受賞したKing Gnu
  • 『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の「アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」を受賞した『ARASHI 5×20 All the BEST!! 1999-2019』
  • 『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞したAKB48「サステナブル」
  • 『第34回 日本ゴールドディスク大賞』の「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽)」を受賞した米津玄師「馬と鹿」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索