• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 宮澤佐江、40周年ミュージカル『ピーターパン』出演決定 タイガー・リリー役に「心よりうれしく」

宮澤佐江、40周年ミュージカル『ピーターパン』出演決定 タイガー・リリー役に「心よりうれしく」

 女優の宮澤佐江が、8月2日から12日まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で上演するブロードウェイミュージカル『ピーターパン』で、昨年に引き続きタイガー・リリー役で出演することが20日、発表された。

 主人公のピーターパン役は、自身4度目となる吉柳咲良、フック船長役は松平健が務める。宮澤は、2017年に吉柳の10代目“ピーターパン”が誕生した際に、タイガー・リリー役として初出演した作品で、昨年に引き続き、同役を担当する。

 今年は、製作であるホリプロの創業60周年の記念の年であり、また、ミュージカル『ピーターパン』の上演は40年目を迎えるという大事な節目となる年。宮澤は「ピーターパン40年目の記念すべき年に、またこうしてタイガー・リリーとして出演できること、心よりうれしく思います」とコメント。

 「衣裳・ヘアメイク合わせをした際、演出の森(新太郎)さんが何度も口にしていた言葉は『子どもっぽく』でした。過去に演じたリリーでは、子供らしさを逆に封印していたことでもあったので、今回は今までとはまた違うリリーを演じられそうで今から楽しみです」と力を込め「咲良ピーターとは、2017年、2019年に引き続きこれで3度目の共演! もう心配なんて一つもなく、彼女についていくのみと思っております。2020年夏。東京オリンピックに負けないくらいすてきな思い出を私たちと一緒に作って頂けたら幸いです」と呼びかけている。

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索