ドラマ&映画 カテゴリ

鈴木拡樹×崎山つばさ×安井謙太郎 華やかなティザービジュアル解禁

 東映と東映ビデオが立ち上げた、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」の新作『死神遣いの事件帖』の映画版の公開が5月29日、舞台は7月と8月に上演されることが発表された。あわせて、映画主演の鈴木拡樹、舞台主演の崎山つばさ、それぞれの物語のキーパーソンになる安井謙太郎のビジュアルが解禁になった。

 映画編の舞台は江戸。市中で探偵業を営む久坂幻士郎(鈴木)は、死神・十蘭と契約関係にあった。幻士郎は豊臣家に仕えた高名な傀儡子(人形遣い)の息子で、「死神遣い」でもあった。そして、吉原の大遊廓で“遊女連続殺人事件”が発生する。舞台編の脚本・演出は、東映ムビ×ステ第1弾『GOZEN-狂乱の剣-』、舞台『仮面ライダー斬月』の毛利亘宏氏(少年社中)が務める。原案は、映画編から続き須藤氏が担当し、映画と舞台を連動させていく。

 解禁されたビジュアルは、東映京都撮影所の衣装部、美粧部と舞台の衣装・ヘアメークチームがタッグを組んで制作。3人のビジュアルと背景に浮かぶ雲や障子のデザインをあわせ、江戸時代初期の浮世絵から飛び出したかのようなティザービジュアルとなっている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索