ドラマ&映画 カテゴリ

【麒麟がくる】堺正章、22年ぶり共演の本木雅弘を「抱きしめてやろうかと思った」

 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。9日に放送された第4回で、斎藤道三(本木雅弘)の命により、尾張・織田信秀(高橋克典)の様子を探るため、尾張・古渡城へ向かった京の医師・望月東庵を演じる堺正章が、2人の戦国武将と相対した感想を語った。

【写真】その他の写真を見る


 東庵は大の双六(賭け事)好きで、今は落ちぶれているが、朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持つ、オリジナルキャラクター(架空の人物)。助手の駒(門脇麦)、三河出身の農民・菊丸(岡村隆史)らと並ぶ、同ドラマのキーパーソンの一人だ。

 道三から信秀の容態を秘密裏に探るように命じられ、一度は断って「首をはねる」と脅されても動じなかった東庵。しかも、聞き入れる代わりに、かつて信秀に双六で負けた借金をケチで有名な道三に出させるしたたかさもみせた。

 「東庵は心の中で、道三は絶対に首は斬らないと読んでいます。道三は情報がほしいので、東庵を殺してしまうと何の情報も得られませんから、絶対に首は斬らない。東庵にしても、借金を返すためには、道三は大事な男ですからね。道三をも手玉にとりつつ、情報を与え、信秀を視察し、また道三に情報を与えていく…、東庵は不思議な役どころです。

 でも、もしあのとき道三に斬られていたら、あそこで僕は最終回でしたからね(笑)。生き延びることができて良かったです。あの頃は、命はとても軽いもので、毎回、戦死や病死で、次から次へと人がこの世を去っていきます。その時代を成した男たちでも、やっぱり健康や寿命にはかなわないところがありますから、ドラマの中でも、命を預かる医者は、大事な役どころだと思います」

 道三役の本木とは、大河ドラマ『徳川慶喜』(1998年)以来の共演。『徳川慶喜』では本木が徳川家最後の将軍・慶喜を、堺が町火消しの新門辰五郎を演じた。

 「(第4回では)顔の距離がとても近かったです。抱きしめてやろうかと思いました(笑)。本木さんは道三をとてもエネルギッシュに演じていますが、それは光秀をどのように盛り立てていくかということの裏返しだと思います。道三はとても豪快で、ずうずうしい男ですが、『静』と『動』のうち、『動』を道三が演じ、そうすることで、そこに動じない光秀の姿がより引き立つような気がします」。

 一方、信秀とのシーンについては「道三と信秀、どちらが手強いかというと、信秀の方が僕にとっては手強い相手です。信秀と双六で対決しますが、それは小さな 戦のようでした。賭け事をしている時、人はどこか気を許してしまうことがありますので、そこから何か情報を得たり、その得た情報をどう生かしていくのか、今回はその序章に過ぎないのではないかと思います。高橋克典さんの演技も、迫力のある智将という感じでした」と回想した。

 第4回では、東庵の目付け役に任命された明智光秀(長谷川博己)が、菊丸とともに薬草を届ける名目で古渡城へ潜入。信秀の情報をうまく聞き出すことに成功する。その後、信秀の家来の襲撃を受けるが、謎の助っ人現れてなんとか逃げ延びた。

 堺は「僕の中ではまだ謎の人物で、演じるのがとても難しいです。武将ではなく庶民ですし、どこか不思議な存在ですから、戦国の世でこれからどういかされていくのか、これからとても楽しみです」とコメントしているので、東庵もおそらく古渡城を出て無事だろう。

 「もしかすると宇宙人なんじゃないかと(笑)。武将たちのシーンは本音と建前が交錯しますが、東庵のシーンは、身構えずに少しリラックスしてご覧いただける、ホッとできる時間です。現代にも通じる生活感を、上手く演じることができればと思います」と、意気込みを語っていた。

関連写真

  • 大河ドラマ『麒麟がくる』京の医師・望月東庵を演じる堺正章(C)NHK
  • 「抱きしめてやろうかと思った」道三役の本木雅弘との顔接近シーン(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』第4回(2月9日放送)より。織田信秀(高橋克典)の傷の具合を診察する東庵(堺正章)(C)NHK
  • 大河ドラマ『麒麟がくる』織田信秀(高橋克典)がいる尾張・古渡城へ潜入した京の医師・望月東庵(堺正章)(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索