ドラマ&映画 カテゴリ

2019年映画興収、2611.8億円で過去最高 『天気の子』など100億超え4作品「来場者の世代交代も」

 日本映画製作者連盟は28日、都内で記者発表会を開き2019年(令和元年)の全国映画概況を報告。興行収入の合算は2611億8000万円(前年度比117.4%)、総動員数は1億9491万人(前年度比115.2%)と前年より増加した。これまで最高だった2355億800万円(16年)から256億円上回り、同連盟の岡田裕介会長は「外国作品のヒットも出たことで、たくさんの人が映画館に来てくれた」と分析した。

【写真】その他の写真を見る


 2019年に日本国内で公開された作品は、邦画689本、洋画589本の計1278本。興行収入は邦画1421億9200万円、洋画が1189億8800万円、構成比は邦画54.8%、洋画45.2%となった。邦画では『天気の子』(140.6億円)、洋画では『アナと雪の女王』(127.9億円)、『アラジン』(121.6億円)、『トイ・ストーリー4』(100.9億円)と4作品が100億円を突破した。

 岡田会長は「良い作品にはお金を払ってくれるということです。若者が映画にお金をかけることに抵抗がなくなってきているように感じます。来場者の世代交代が行なわれてきているのではないか」と話した。今年の展望については「去年ほど良い作品がそろってないから難しいかな」と笑い「やっぱり、良い作品がそろった年はこういう成績があげられるということ」と結果を出すべき年にしっかりと出すことの大切さを語った。

 東宝の代表取締役・島谷能成氏は「『天気の子』が140億円で2019年のナンバーワンとなり大変うれしかったです。新海誠監督は『君の名は。』でお客さまの期待も膨れ上がっていて、プレッシャーもあったかと思いますが、さわやかで抜けるような明るさを表現してくれました。素晴らしい成績でありがたかったです」と感謝を口にしていた。

◆2019年邦画興行収入上位10作品(2020年1月)
1位:『天気の子』140.6億円(東宝)※
2位:『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』93.7億円(東宝)
3位:『キングダム』57.3億円(東宝/SPE)
4位:『劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」』55.5億円(東映)
5位:『映画ドラえもん のび太の月面探査記』50.2億円(東宝)
6位:『マスカレード・ホテル』46.4億円(東宝)
7位:『ドラゴンボール超 ブロリー』40.0億円(東映)
8位:『翔んで埼玉』37.6億円(東映)
9位:『記憶にございません!』36.4億円(東宝)
10位:『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』29.8億円(東宝)

◆2019年洋画興行収入上位10作品(2020年1月)
1位:『アナと雪の女王2』127.9億円(WDS)※
2位:『アラジン』121.6億円(WDS)
3位:『トイ・ストーリー4』100.9億円(WDS)
4位:『ライオン・キング』66.7億円(WDS)
5位:『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』65.7億円(WB)
6位:『アベンジャーズ/エンドゲーム』61.3億円(WDS)
7位:『ジョーカー』50.6億円(WB)※
8位:『シュガー・ラッシュ:オンライン』38.6億円(WDS)
9位:『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』30.6億円(SPE)
9位:『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』30.6億円(東宝東和)
※は現在上映中

関連写真

  • 映画『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 日本映画製作者連盟「令和2年 新年記者発表」に出席した(左から)迫本淳一氏、島谷能成氏、岡田裕介氏、多田憲之氏、井上伸一郎氏 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索