ドラマ&映画 カテゴリ

山田裕貴、聴覚障害のジャンパー役でスキー初挑戦「とにかく練習します」

 俳優の山田裕貴が、田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』(6月19日公開)に聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役として出演することが発表された。山田は「初めてのスキーに挑戦ですが、とにかく練習します」と意気込んでいる。

 映画は1998年、長野冬季五輪のラージヒル団体で日本初の金メダルを獲得した岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜の4選手を裏で支えたテストジャンパーにスポットを当てた実話を描くもの。田中は94年リレハンメル大会のスキージャンプ団体で日本代表をけん引するも銀メダルに終わり、長野五輪では代表落選を味わった西方仁也氏を演じる。

 山田が演じる高橋氏は、札幌市の出身で聴覚障害ながらも、98年に開催された「STVカップ国際スキージャンプ競技大会」のラージヒルにおいて、岡部氏、宮平秀治氏を破って優勝。長野五輪には、25人のテストジャンパーの一員として参加した。

 山田は「小学校のころに見た長野オリンピック、スキージャンプの映像が今でも頭の中に浮かびます。中継にものっていない裏側のお話。表舞台に立つ人の裏側にはたくさんの人が関わり、悩み、支えてくれています。生きてるすべての人が主人公であることを伝えたい」と決意を語る。

 『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズや『虹色デイズ』(2018年)などを手がけ、本作でメガホンをとる飯塚健監督は「聴覚に障害のあるジャンパー。難役であることがお分かりいただけると思います。浮かんだのがやや熱めの男、山田裕貴くんの顔でした」と山田を抜てきした理由を明かす。「『スキー練習、頼むね』というやり取りをしたのですが『御意』と返信が来たので、全幅の信頼を寄せています」と話している。

関連写真

  • 聴覚障害の難役に挑戦する山田裕貴(C)2020映画『ヒノマルソウル』製作委員会
  • 1998年長野五輪でのテストジャンパー集合写真(C)2020映画『ヒノマルソウル』製作委員会

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索