ドラマ&映画 カテゴリ

唐沢寿明、髪をかきあげるだけで伝わる仲間由紀恵の“個性”を絶賛

 1990年代のテレビドラマ全盛期にブレイクして以来、コンスタントにドラマや映画に出演し、“旬”を保ってきた俳優、唐沢寿明(56)。2018年10月期にテレビ東京のドラマBiz枠で放送された主演ドラマ『ハラスメントゲーム』の続編スペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』の放送を10日(後9:00)に控え、取材に応じた。

【写真】その他の写真を見る


 社会に蔓延(はびこ)るセクハラやパワハラなどのハラスメント事件を一風変わった手法で痛快に解決するマルオースーパー、コンプライアンス室長・秋津(唐沢)の奮闘を描いた、『ハラスメントゲーム』。今回のテーマは今、話題の「働き方改革」。秋津と、過重労働撲滅特別対策班(通称・カトク)の鮫島冴子(仲間由紀恵)の対立劇も見どころとなる。

 「井上由美子さんの脚本がさらに面白さを増していますね。仲間さん演じる鮫島さんを見て、目がハートになるシーンもありつつ、厳しいやりとりもありつつ。大どんでん返しというか、『えっ?』という先の読めない展開は楽しめると思う」。

 今回、初共演した仲間については、「髪をかきあげる仕草を見るだけで、『仲間由紀恵です』というのが聞こえてくる感じがあった。個性というか、一つのものを作り上げていて、すごい人だなと思ったね。そういう人ってなかなかいないから」と、絶賛していた。

 連ドラの『ハラスメントゲーム』終了後、19年1月期の連続ドラマ『THE GOOD WIFE / グッドワイフ』(TBS)に主人公の夫役で助演。同年7月公開のディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』の主人公・ウッディの吹替声優を務め、プロモーションにもがっつり協力。

 7月期のドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ)では主演を務め、10月には東北への復興支援を目的としたチャリティーイベントに、妻で女優の山口智子と参加して大きな話題を呼んだ。さらに、『秋津VSカトクの女』の撮影をしつつ、4月スタートの連続テレビ小説『エール』(NHK)の撮影にも入っている。

 「2019年もご活躍でしたね」と、率直な印象を伝えると、「ちょっと、きつかったね。今年はうちの事務所に働き方改革を訴えたいですよね。事務所で一番働いているの、たぶん俺だからね」と、返ってきた。「若い俳優たちに頑張ってもらいたいよね。俺だってあと4年したら“ちゃんちゃんこ(還暦)”なんだから」と、ひょうきんな“唐沢節”をさく裂させる。

 「オファーをいただけるだけありがたいですし、やれるうちはやらなきゃ。体は元気だし、年齢的にも今が一番。芝居のことを冷静に考えられるようになって、いろいろ経験してきたことをつなげられるようになって。今が意外と、一番楽しいといえば、楽しい時期なのかもしれない」。

■ひょうきんな“唐沢節”の裏でブレない信念

「言い訳したりしないでやっていきたい」

 そして、若い頃から身体能力を生かしてきたアクションの話に。「この歳になって、ちょうどいい頃合いかなって思っているんだよね。若い頃は、自分をかっこよく見せるには素早く動くものだと思っていた。実際、相手がリアクションできないくらい動くことができた。だけど、40歳を過ぎた頃から、アクションもキャラクターの一部なんだと気づいて。演じる役の年相応の動きで敵を倒したりすればいい。いくつになってもできることなんだよね」。

 てっきり『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』で、アクションシーンがあるのかと思いきや、「『ハラスメントゲーム』には必要ないでしょう」と、バッサリ。ガクッとしていると「4年後に、ちゃんちゃんこ着て活躍する『ちゃんちゃんこ刑事(デカ)』をやろうかな、レザーの赤いちゃんちゃんこ着てさ(笑)」と畳み掛けてきた。

 笑って油断していると、実は含蓄のある話をしていた…、というのも唐沢の取材対応のうまさだ。

 「昨年のラグビーW杯の日本代表チームやフィギュアスケートの羽生結弦選手を見て、すごく感動したわけ。なんでスポーツ選手を見て感動するのか考えたら、言い訳しないんだよね、彼らは。たとえ、誤審があっても、自分の力不足だと言う。彼らに近づけるとは思っていないけど、お手本にして、嘘ついたり、言い訳したりしないでやっていきたいなって思う。言い訳しても周りにはバレているからね。スポーツ選手を見ているとすごく勉強になる。俳優なんて、嘘ついてばっかりだからね(笑)」。

 携わった作品への責任感の人一倍強い。「僕らが魂込めて作った作品ですから(笑)。見ている人に感動してもらいたい、何か残したいという気持ちで僕らも作っているので、それが伝わればいいな、と思います。SNSに『最高だ』と、バンバン書き込んでもらえたら、最高です(笑)」。

関連写真

  • ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)主演の唐沢寿明と“カトクの女”鮫島冴子役で仲間由紀恵が出演(C)テレビ東京
  • マルオースーパー臨時特任社員として本社に帰ってくる秋津渉(唐沢寿明)(C)テレビ東京
  • “カトクの女”鮫島冴子役で仲間由紀恵が出演(C)テレビ東京
  • 秋津渉(唐沢寿明)がマルオースーパー臨時特任社員として本社に帰ってくる(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)マルオースーパー臨時特任社員として本社に帰ってくる(C)テレビ東京
  • コンプライアンス室の高村真琴(広瀬アリス)とも再会=ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)(C)テレビ東京
  • マルオースーパーみなとみらい店の店長・梶川雅男(塚本高史)=ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)(C)テレビ東京
  • マルオースーパーみなとみらい店の店員・加納初美(唐田えりか)=ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)(C)テレビ東京
  • ドラマスペシャル『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(1月10日放送)(C)テレビ東京

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索