ドラマ&映画 カテゴリ

志尊淳、NHK主演ドラマ『金魚姫』で青山真治監督と初タッグ

 俳優の志尊淳が、NHK・BSプレミアムで来年放送予定の単発ドラマ『金魚姫』(3月29日 後9:00〜10:29※BS4Kで2020年放送予定)に主演することが明らかになった。直木賞作家・荻原浩氏の“真骨頂”とされる、温かくも切ない傑作小説「金魚姫」を、映画監督・青山真治氏(『共喰い』『ユリイカ』)との初タッグでドラマ化する。

 今回、初めてNHKドラマの演出を手掛ける青山監督。志尊は「ずっとお仕事をさせて頂きたいと熱望していた青山監督と作品を作れることが感無量です」と、コメントを寄せた。

 本作は、人生どんづまりの青年が、金魚の化身である謎の美女と出会うことで生きる意味を再び見出す物語。運命に導かれるように出会い、生と死のあわいで引かれ合う男女の日々を、優しく切ないラブストーリーとして描く。

 仕事も恋もうまくいかない主人公・潤(志尊)は、ある日、祭りの金魚すくいで1匹の琉金(りゅうきん)を手に入れる。実は、金魚に身をやつした美女で、突然人間の姿に変わり潤の目の前に現れる。

 志尊は「『金魚姫』という素晴らしい原作。潤という人物。不条理の世界からの言葉が美しく、儚く、突き刺さります。今は楽しみすぎる気持ちと怖すぎる気持ちが共存していますが、ただただこの貴重な時間の中でもがいて、足掻いて楽しんで生きます」と、意気込みを語っている。

 ヒロインである金魚の化身・リュウを演じるのは、瀧本美織。伝説の黒らんちゅうを探し求めていて、潤に協力を求める。そして、2人の運命に影響を及ぼす、潤の母・真由美(仙道敦子)の再婚相手で義父・長坂役には、海外作品でも活躍する國村隼。潤の元カノ・亜結役で唐田えりか、ほかに中村優子大鷹明良中尾ミエなどが出演する。

関連写真

  • NHK・BSプレミアムで2020年3月29日放送予定のドラマ『金魚姫』に主演する志尊淳
  • 金魚の化身・リュウ役は瀧本美織
  • 國村隼も出演

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索